ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season3
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン3は「わたしのすきなこと」にまつわるアレコレです。
 | 
何も信仰していないけど、しきたりがあるのは嬉しい。だからクリスマスも、お正月も好き。

わが家の誕生日は、冬から春にかけて詰まっている。母が11月、弟は1月、私は2月、父が4月生まれだから。どんなに忙しくても、家族の誕生日と元旦には休みをとる。私にとって冬は家族の季節だ。そしてうちは、サンタさんが来る家でもある。

小学校の同級生の中には、クリスマスの夜にトナカイの鈴の音を聞いたという子がいた。お母さんがサンタさんからお金を預かっていて、現金をもらっている子もいた。うちはクリスマスツリーにサンタさん宛ての手紙を飾っておくと、クリスマスの朝、窓が少し開いていてプレゼントが置いてあった。煙突がないので仕方ない。
このサンタさんの対応の違いはなんなのだろうと、子供の頃ずっと考えていた。いい子にしてないとサンタさんは来ないと言うけど、子供はいい子かわるい子かだけでは分けられない。現金をもらう子もいれば、物をもらう子もいる。家族もそれぞれ違うから、サンタさんはちゃんと見ているのだと思う。サンタさんと直接会ったお母さんがいれば、電話だけなら出来るお父さんもいるらしい。

いつか弟と一緒に、サンタさんにクッキーを作ったことがある。クリスマスイブの夜に牛乳と一緒にツリーの下に置いて、サンタさんを待ち伏せしていたけど、気がついたらふたりとも眠っていた。
朝になるとツリーの下に、まるで赤ちゃんが食べたようにクッキーの食べかすと牛乳が飛び散っていたので、弟と顔を見合わせて、「サンタさんって本当に忙しいんだねえ」と目を丸くした。今でもあれはどういうことだったんだろうと、少し可笑しくなる。この間、母親に聞いてみたら、「忙しかったんじゃない?」と言っていた。

お正月は東京に住んでいる父方の祖父母と、それから伯母と過ごす。
おせちの具材は、年末に築地で買い揃える。メインは鮭の酢漬けで、少し甘い。これは祖父がまるまる買った鮭を包丁で解体して作ってくれる。
 祖母は普段怖がって揚げものを作らないけど、お正月にはからあげを作ってくれる。大きなお皿に盛りつけて、きれいに飾り付ける。去年は、「Merry Christmas」と書かれたプレートが刺さっていた。英語は読めないのだ。でも、おめでたい感じがする。

 おせちを食べて一通り会話すると、みんなすることがなくなって、それぞれテレビを観たり、座布団やなんかに適当に寝転がる。たまに起きては、喋ったり、おせちの残りを食べて、また眠る。伯母はここぞとばかりに、去年買って使わなかった化粧品や衣類を私に試してくる。可愛い人なのだ。


外にいる時の私は、いつも戦っている。笑顔で、目を見開いて。私にとって、いいことも、わるいことも、どちらでもないことも、毎日たくさんある。

戦って、帰宅して、寝静まっている家族を起こさないように、そろそろ部屋へ向かっていると、たまに忍者みたいな気持ちになる。湯船の蓋を開けると、ゆずが入っていたり、菖蒲が浮いていたりするので、忍者は時々驚く。
仕事が終わらなくて明け方に帰宅して、湯船にゆずの残骸が漂っていたり、食卓の上で七草粥が冷めたりしている年もある。

そういうものを見た瞬間、私は忍者じゃなくなる。どんなに戦っても、帰る家があることに気が付く。だから、しきたりが好き。それを教えてくれる季節と、家族が、私にはある。

 2016年は「私もそうなりたい」と思うことが多い年だった。いつも笑顔の人を見ては、私もそうなりたいと思い、好きな時だけ笑う人を見ても、そうなりたいと思った。
 去年から鮭の酢漬けは、母が作るようになった。私は今年で、母が私を生んだ年齢を追い越す。でも私には子供がいないし、当たり前だったことが少しずつ変わっていって、そうなるはずだったものが、そうならないことに気づいていく。

 私はまったく同じようには、この家族を作れない。やっとそこのことに気が付いて、誰かみたいになりたいと思うことが増えたのだろう。今は将来の自分の家族を思うと、違うクリスマスを過ごしていた友達の家のことみたいな、変な感じがする。家族が作れないまま死んでいく自分もありえる。次の冬、私はどうしているのだろう。今年の冬は、家族といた。

文=姫乃たま


関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2
とりあたまちゃんシーズン3
the toriatamachan season3

姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター
1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を軸足に置きながら、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。フルアルバムに『僕とジョルジュ』があり、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。
ウェブサイト ■http://himeeeno.wix.com/tama
Twitter ●https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
17.04.02更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |