本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 2
最新記事20件
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season3
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン3は「わたしのすきなこと」にまつわるアレコレです。
 | 
「おばあちゃんは誰と結婚したの?」
酒屋の店番をしている祖母が丁寧に、
「あなたのおじいちゃんよ」
と答えると、小さかった私は大げさでなくのけ反って、仰天したのだった。
「えーーーっ、あんな人と?!」

祖父はいじわるな人だった。『となりのトトロ』に出てくるカンタみたいに。しかめ面でメイとサツキに傘を差し出して、自分は雨の中を走り去っていくカンタ。「男の子ってきらい! でもおばあちゃんは好き」というサツキ。
祖父もいじわるばかりして、私から「おばあちゃんは好きだけど、おじちゃんはきらい!」とよく言われていた。

私は祖父の好意に気づけないような、ぼうっとした子供で、おばあちゃんが誰と結婚しているのかわからなかったし、父親と母親にも、パパやママじゃなくて、自分と同じように名前があることを知らなかった。ついでに右と左がわからなくて、幼稚園のスイカ割りでは、「みぎ!」「もうちょっとひだり!!」という園児達の歓声にずいぶんと困った。見かねた先生が、「お箸を持つほうが右で、お茶碗を持つほうが左よ」と教えてくれたのだけれど、一日三回ある食事で、自分がどっちにお箸を持っていたのか思い出せないのだった。

祖父は亡くなる少し前に、「俺のこと嫌いって言ってたな」と言い出した。自分の子供の頃の鈍感さに、うっと息を詰まらせながら、今でも気の利かない私が、「まあ、言ってたけどさあ」と返すと、「でも一緒に暮らしてたからな」と言った。「一緒に暮らしてれば情も湧くだろう」と、祖父は言った。

私と写っている写真の祖父は、いつでも見たことがない笑顔で笑っている。カメラのほうを向くように後ろから抱きかかえられている私に、祖父の笑顔は見えていない。

**

半ば眠りながらゲレンデで片脚を上げると、祖父が、コン、コン、とスキーストックで私の足の裏を叩く。薄目を開くと、ブーツの底から雪が、パッ、パッ、と落ちるのが見えた。もたもたとブーツをスキー板にはめていると、祖父は手慣れた様子で手を使わずにブーツの底についた雪を落とし、板を履いていた。

生きているほうのおじいちゃんに会いに来た。一生のうちに、あと何日を一緒に過ごせるのか、わからなくなったから。いつでも、どこでも書ける原稿を抱えて会いに来た。

でも、私は完全に弱り切っていた。実際に原稿はいつでもは書けず、夜が深まるにつれて筆が進み、日が昇る頃に眠りだす私を、祖父はそれから数時間後に起こした。話したいことがたくさんあるという顔で。
おかげで私は弟から、数時間置きに、「顔、疲れてるよ」と言われ、うたた寝から覚める時のぼうっとした不機嫌な時間が日に何度もあり、明るくいられない自分に嫌気がさしていた。

一足先に帰京する弟を見送って、無理やり祖父とふたりで来たスキー場は、吹き付ける雪で視界が白くぼやけていて、リフトを降りる頃には雪だるまになっていた。何を話すべきか、何を聞きたいのか、聞いてほしいのか、わからないまま、白い視界を滑り降りた。
そのままもう一度リフトに乗る。眠たいからだが重たくて、指先だけが冷たかった。
「じいちゃんはね、手袋の中で指を外して手を握ってる」
と教えてくれたので、頷いてその通りにした。祖父は私と話す時、一人称がじいちゃんになる。少しずつ手が温かくなる。

坂の途中には若い子達がスノーボードと一緒に点点と座り込んでいて、障害物みたいになっていた。3回目のリフトで祖父は、スキーの大会に出る時の話をしてくれた。ポールをよけながらタイムを競うのだそうだ。さっきの若い子達みたいに配置されたポールを。
「滑っている時は余計なこと考えなくて良いから、スキーはいいだろう」
と、祖父は言う。私はさっきからずっと、何を話すべきか考えていたのだけれど。

またリフトに並んで座る。楽しいか聞いてくる祖父に、「うん、楽しいよ」と答える。「おじいちゃんは?」と聞きながらリフトを降りて、ストックで思い切り地面を押したら、突然太陽が顔を出した。日に照らされた遠くの山や、緑に挟まれた町や、ゲレンデの坂の下まではっきりとすべてが見える。

「あそこがうちだぞ」
と、祖父はストックで遠くのほうを指した。

**

スキー場に向かう車の中から、海鮮丼が一番おいしいと祖父が言っていたのに、急にカレーが食べたくなって、私はカレーを注文した。早くも同じものを食べるべきだったと後悔しながら。

すっかり晴れてしまったゲレンデを見ながら、「うちの孫はいい孫だあ」と祖父は海鮮丼を食べている。
「そうなんだよ、いい孫なんだよねえ」と真顔でふざける私に、「一緒に暮らしてないから良く見えるのか?」と祖父は笑う。

どうなんだろうね。

一緒にいること、いないこと、どちらが素敵なんだろうね。

文=姫乃たま


関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2
とりあたまちゃんシーズン3
the toriatamachan season3

姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター
1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を軸足に置きながら、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。フルアルバムに『僕とジョルジュ』があり、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。
ウェブサイト ■http://himeeeno.wix.com/tama
Twitter ●https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
17.05.13更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |