女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
アクセスアップ
新刊情報
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.48(大洋図書)
よろめき 2017年6月号(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.25(ワイレア出版)
乱れ狂う絶頂妻(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.13(ミリオン出版)
揉みたおす やわらか巨乳DX(大洋図書)
本当は好きなのに(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年6月号(大洋図書)
少年は神と愛を誓う(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■午睡のススメ

今年もまた夏が来てしまった。
私は夏が嫌いである。暑いし、汗をかくし、ちょっと外に出ると蚊に刺される。油断するとすぐにものが腐るのもうんざりだ。でも、夏にもいい面が一つだけある。それは昼寝がバカみたいに気持ちいいことだ。
昼ご飯でお腹がいっぱいになった後、急に襲ってきた睡魔に負け、そのままカーペットの上に横になる。15分、いや30分だけ......と思ってはいるもののなかなか起きられず、気づけば2時間とか3時間とか経っていて「ああ、やっちゃった!」と思う。でも、その背徳感さえも気持ちいい。
蒸し暑い夏の午後、クーラーが効いた部屋で、あるいは網戸ごしにそよそよと風が入ってくる窓辺でまどろむのは至上の幸福だ。どこかへ連れていかれるような寝入りばなのあの感覚。起きたときのなんともいえないダルさ。もしかしたら、セックスよりも、オナニーよりも、風呂上がりのビールよりも気持ちいいんじゃないだろうか。
もちろん冬の昼寝も悪くはないのだけれど、いかんせん冬は日が短い。2,3時間眠って起きるともう外は日が落ちかかっていて少々申し訳ない気分になってしまうのが玉にきずだ。やはり、子供の頃の夏休みを彷彿とさせる夏の昼寝こそが"キング・オブ・昼寝"だと思う。

そんな昼寝大好き人間の私。
どうしてもやらなければならない仕事があるときは我慢しているけれど、そうじゃないときは午睡を楽しむのが日課になっている。
以前はここまでぐうたらじゃあなかった。昼寝癖が始まったのは、20代後半でそれまで勤めていた編集プロダクションを辞めて実家に帰ったのがきっかけである。
その頃実家には、体を壊して自宅静養していた父親と、80歳過ぎの祖母と、専業主婦の老母がいて、毎日当たり前のように昼寝をしていた。10畳ほどの居間には作りつけの物入れがあり、昼食を食べ終わると各々がそこからマイ枕を持ってきて横になる。そして、ふごーふごーといびきをかいて眠りだすのである。
最初、その光景を見たときは正直「なんじゃ、こりゃ!?」と思った。みんなが汗水たらして働いている平日の昼間に、大の大人が川の字になって昼寝とは......(しかも食休みに15分とかいうんではなく1、2時間はがっつり眠るんだから恐ろしい)。
数週間前まで東京であくせく働いていた私にとって、それは衝撃の光景だった。
でも、人というのは低きに流れるものである。私もすぐその習慣に慣れ、ファミリー昼寝に参加するようになった。睡眠時間が足りないわけでもないのに、真っ昼間からがっつり眠る背徳感と開放感を一度知ってしまうと、もうダメだ。それから20年、今ではもう昼寝なしではいられない体になってしまった。

自分がそうだから、世の中の人もみんな昼寝が好きに違いないと思っていたけれど、どうやらそういうものでもないらしい。
私と夫は好きなものや価値観がわりと似ているほうだと思っているのだが、こと"昼寝"についてだけは意見が合わない。
例えば、天気が悪かったり予定がつぶれたりして特にやることのない休日があったとする。そんなとき私はだいたい昼酒をかっくらい、いい気分のまま昼寝に突入してしまう。
対する夫は「せっかくの休みに昼寝するなんてもったいない」という考え方で、たまに睡魔に抗えず寝てしまったときなんかは、寝起きの機嫌がすこぶる悪い。「なんだかダメ人間になった気がする」らしい。

まあ、その気持ちもわからないわけじゃない。
でも、これから年をとったときのことを考えると、ある程度ぐうたらすることも必要な気がする(はい、自己弁護です)。

この前、実家に帰ったとき叔母が言っていたのだが、昨今の熟年夫婦の間では"夫源病"なるものがはやっているんだそうだ。
これは読んで字のとおり「夫が源になって起きる病気」で、夫が定年して四六時中家にいるようになると、その言動にストレスを感じた妻が体調不良に陥るのだという。何十年も家族のために働いてきたのにヒドイ言われようだと思うが、その気持ちはわからなくもない。
会社と仕事に人生を捧げてきた今のお父さん世代は、基本真面目で遊ぶことやぐうたらすることに慣れていない。だから、定年していきなり膨大な自由時間が手に入ると、何をしていいかわからないのだ。挙げ句、家事に口を出したり、妻の行動をチェックしたりしてしまう。
そういうタイプにこそ、私は昼寝を推奨したい。昼寝はお金がかからないし、健康にもいい大変ナイスなレジャーだ。死ぬまで働くことに決めているとか、定年したら打ち込みたい趣味があるとか、お金持ちでどんな遊びもやり放題だとかいうならいいけれど、そうじゃないなら今からぐうたら過ごすことに慣れておいたほうがいいんじゃないだろうか。
昼寝を楽しむコツは、なんといっても罪悪感を持たないことだ。
目が覚めたらまず「あー、気持ちよかった」と声に出して言ってみる。一度外に出て、大きく伸びをしてみるのもいい。それだけでグンと開放的な気持ちになれる。

昨日、夫はちょっとした野暮用があって久しぶりに有給を取った。
せっかくだからと2人で外に出てランチをしたのだが、帰ってきたら夫がそそくさと布団を敷きだした。
すわ、セックスレス解消か!? ......などと思ってドキドキしていたら、なんのことはない。「眠くなったから昼寝する」と言うので驚いた。

「え、昼寝キライじゃなかったの?」
「君がグーグー寝るの見てたら、平気になっちゃった......」

人をダメ人間呼ばわりしたことなどすっかり忘れて気持ち良さそうに眠る夫。
私もご相伴に預かってグーグーと午睡に勤しんだのは、言うまでもない。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
16.07.16更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |