ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 2
最新記事20件
特選AVレビュー『女教師in...(脅迫スイートルーム) 涼川絢音 』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『脱がされかけたデニムで足がもつれ逃げられず半尻のままハメられた巨乳女 ~逃げきれる寸前だった無念の玄関潮吹きSEX~』(NATURALHIGH)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラー ラスト 早川瀬里奈』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第2回
パッションと運動のDIYメディアの歴史『日本のZINEについて知ってることすべて』編著者=ばるぼら、野中モモ 文=三木学
特選AVレビュー『男壊世代/君色花音』(光夜蝶)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【39】『やさしくおかして』 著者=あまゆみ(富士美出版)
特選AVレビュー 『エクセレント ビューティー』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『そう、その目でその喉で...涙ながらに尺りなさい/栄川乃亜 』(ワープエンタテインメント)
2ページまんが 酒場の女【13】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年11月号
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・新宿「ロボットデリヘル」チナツさん編
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 Vol.44(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.38(ミリオン出版)
LOVE LADY 2018年1月号(大洋図書)
人妻密会生撮り人(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2018年1月号(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年1月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2018年1月号(大洋図書)
いんらん三十路妻四十路妻(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2018年1月号(ミリオン出版)
悶え泣く四畳半妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■女性ホルモンという化け物

今年に入ってからの私は淀んでいる。
毎月ボヤいているからおわかりだと思うが、理由は更年期からくる体調不良だ。メンタルに出てるわけじゃないからまだマシだとも言えるけれど、偏頭痛とか吐き気とかだるさとかいうちょっとした不調が日常的に続くのはなかなかにキツイ。本来の半分くらいのHPで生きてる感じとでも言うのだろうか。おかげで前のように気分転換に大酒を飲むことも、集中して一日にたくさんの原稿を書くことも、あまりできなくなってしまった。
これも「100まで生きたい」というタイトルの連載なのだからなるべく明るく前向きなことを書きたいと思っているのだけれど、そんなガッツが湧いてこないんである。
なので今回は、このダークな気持ちを愚痴ってみることにした。
誰も更年期女の愚痴なんて聞きたかないと思うが、長生きをするにはストレスをためこまないことが第一。だとしたら、我慢せずワールド・ワイド・ウェッブで愚痴を垂れ流すのも「100まで生きたい」ってテーマと無関係ではないんじゃないだろうか。まあ、細かいことは置いといて、そういうことにしといてほしい。

さて、私が更年期と付き合い始めて一年あまり。
最初のうちは「まあ、女に生まれたからには仕方ない。適当に付き合っていくか」というくらいの気持ちでいたのだけれど、症状が長く続くにつれてだんだんとイライラが募るようになってきた。
じわじわといろんな症状が出始めたのも一因だが、このイライラの一番の原因は「なんで私ばっかりこんな思いをしなくちゃいけないの!?」という思いだ。
ご存じの方も多いと思うが、更年期の症状というのは個人差がある。
更年期に限らず女性ホルモン系の事象はだいたいそうで、例えばプールに入れるくらい生理が軽い人もいれば重くて何日も動けない人もいるし、PMSで毎月精神安定剤を飲んでいる人もいれば「それ何、おいしいの?」って人もいる。
私に言わせると、この「個人差がある」というところが女性ホルモンのクセモノたる所以なのだ。
みんなに同じように症状が出るのであれば、まあなんとか我慢もできる。でも、ほとんど症状がない女性もいると思うと、やっぱりモヤモヤしてしまう。
こんなことを言ったってどうにもならないとわかっているのに、「どうして○○ちゃんばっかり! ふっこうへい! ふっこうへいっ!!」と私の中の小学生が不公平コールを始めだす。

私が「自分はどうも婦人科系が弱いらしい」と気づいたのは、28歳のとき。なんとなく受けた婦人科検診で、大きな子宮筋腫が見つかったのがきっかけだった。
お医者さんは「子宮筋腫っていうのは成人女子の4人に1人くらいが持っているもので、誰がかかってもおかしくはないものなんですよ」と言ったけれど、なんだか釈然としなかった。
私みたいに女性ホルモン低そうな人間が、そんな女女した病気にかかるなんて......と思ったからだ。
美人なわけでもオッパイが大きいわけでもモテるわけでもない。もちろんガンガンやりまくってるわけでもない。どちらかというと女のキラキラした面とは無縁で生きてきた。なのにどうして今になって、こんな女の暗黒面を引き受けなくちゃならないんだろう。
世の中には"めっちゃ子宮が丈夫な女子アナ"とか"超生理の軽いヤリマン"なんて生き物もいるんだろうに......。人生はつくづく不公平だ。そう思った。
それから生まれて初めて入院し、2回の手術を受け、ホルモン治療でよくわからない更年期鬱なんてものも経験した。元々生理が重いという自覚はあったけど、婦人科系器官に次々ボロが出始めたのは、あのときからだ。

最近、初潮が来る前の小学生だった頃のことをよく思い出す。私は学校を一度も休んだことがない子供だった。もともと体は丈夫なほうだったし、色黒で体の大きい男みたいな女の子だったから、少しくらい体調が悪くてもそんなことはものともせず毎日学校に行っていた。ブサイクで非モテだったけど、ある意味人生の黄金期だった。
あの元気な子供と今の自分とを比べると、別人みたいだなと思う。
大人になって、女になって、私はバカみたいに弱くなった。女性ホルモンというバケモノに本当の自分を食べられてしまったんじゃないか。体調の悪い日は、そんなつまらないことまで考えてしまう。

2カ月ほど前、毎年受けている健康診断の結果が届いた。
多少脂肪がついてはいるほかはほぼ正常値......だと思ったら、ずらりと並ぶA判定の中にひとつだけ要検査があった。よく見ると貧血の項目だった。
病院へ再検査に行ってわかったのは、この貧血は生理時の大量出血のせいで起こっており、今悩まされている頭痛やだるさの原因にもなっているということだった。別に重大な病気にかかったわけじゃないのに、ホルモンバランスが悪いというだけで、こんなにいろんな症状が出るのかと驚いた。
家に帰って処方してもらった鉄分の錠剤を飲んだけれど、体に合わずゲーゲー吐いてしまったので怖くなってやめた(ネットで調べてみると、ときどきそういう副作用が出る人がいるらしい)。子宮筋腫をなんとかすれば貧血も和らぐのかもしれない。でもこの年齢になって今さら3回目の手術をするのは嫌だ。どっちを向いても八方ふさがり......ああ。そして私は、女性ホルモンと戦うのを諦めることにした。
もういい。こんな苦しい思いをするんだったら、無理せず家の中でじっとしていよう。ロキソニンで頭痛や腹痛をやり過ごしつつ、半分くらいのHPで生活して、生理がなくなるのを待とう。そう決めた。

淀んだ日々に一つだけ救いがあるとすれば、私とよく似た体質の老母の存在だ。
私と同じように子宮筋腫があって、同じように偏頭痛持ちで、同じように更年期のとき塞ぎこんでいた老母。彼女は実家に帰った私がブツブツと体の不調を訴えると必ずといっていいほど「あらー、おかーさんもそうだったわ!」と言う。
それが本当なのか私を安心させるための方便なのかはわからないけれど、老母に言わせると「そういう女の病気は生理がアガっちゃえば全部治る」らしい。
確かに70歳を過ぎた彼女は、プクプクと太って私が子供だった頃のお母さんよりも全然元気に見える。
「あんたも生理が終わったら、もう一度子供のころみたいに丈夫になるよ。だって、私もそうだったもの」
その言葉を思い出して、嵐が過ぎ去るのを待っている。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
16.09.24更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |