ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season4
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるシリーズ連載、シーズン4は「日常」にまつわるアレコレです。
 | 
精神科医と寝るのをやめたくて、精神科に行くなんて馬鹿げてる。でも私にはひとりで抱えきれないほどの憂鬱があるのだし、精神科医とセックスをしなければやり過ごせない退屈まであるのだ。それに、白衣を脱いだ彼らに私は抗えない。誰もが服を脱いでしまえばあとにやることはすっかり同じで、その律儀さに私は何度でも驚かされる。そういう時、退屈によって一気に興奮が引き起こされて、それからとっても憂鬱になる。知っている範囲の快楽に対する安心感と憂鬱。ホテルの水槽で泳いでいる大きな鯉。シャワーを浴びた後、薄っぺらいワンピース一枚で食べに行く中華。店内に置きっぱなしのビール瓶のケース。プールから上がった後みたいな手足の気怠さと、空っぽになった気持ち。てらてらと光っている豚肉。そこで聞く精神科医の救いようがない過去や癖について。私の憂鬱と退屈について。

けれど、死にそうなほどの憂鬱も、やり過ごせないほどの退屈も、実際には私を殺さない。それでまた、白衣を着た知らない精神科医とこうして向き合っている。私はこうして何度でも期待して、何度でも裏切られる。私は精神科医に占い師のような役割を求めているのだ。別に聞いてほしい話があるわけではない。それよりも君は本当はこういう人間で、こういう前世で、だからこういう運命を辿っているのだと言ってほしい。ただの決めつけでも当てずっぽうでも構わない。どうせ何かを言われたら、私のほうがそれに従って生きていくのだし、聞いてしまった以上、生活なり性格なりが自然と当てずっぽうの運命に寄っていくだろう。人間なんてそんなものだろうし、とにかくそれで構わない。とても退屈だし、そもそもこんなにも憂鬱な人生はおかしいと思うから。神様か何かが私を憂鬱にしているとしか思えない。そしてそんなことを神様がしてくるんだったら、私は私なんかを抱くような精神科医の言うことを聞いて神様に意地悪をしてやりたい。

精神科医の質問に受け答えしながら、私は自分の喋り声が徐々に慟哭へと変わっていくのを聞いていた。診察室は劇場の上に建っているマンションの一室にあって、玄関にはなおざりに看板が引っかかっている。さっきマンションの一階でエレベーターを待っていたら、両手を胸の前でバタバタさせながら、口をパクパクしているおばさんを乗せてエレベーターが降りてきた。扉が開くと、「お前ら全員梅毒集団だろ! 早く降りろ!! 降りなさいよ!!!」と怒鳴り声が飛び出してきて、おばさんはパタパタと人を追い払うジェスチャーをしながらひとりで出てきた。私が交代でエレベーターに乗り込むと、信じられないという顔をして「汚らわしい」と呟いた。彼女はいつここではない世界へ行ってしまったんだろう。私は何も言わずに「閉」を押した。誰も悪くない。誰も悪くないのだ。なぜかそう思いながらエレベーターの鏡を振り返る。ニットとタイトスカート。猫目の私。どうしてこれが私なんだろう。鏡の中の私が思ったように動くのが不思議で、試しに右腕を上げてみる。精神科の玄関を開けると、待合室になっているリビングから診察が終わったらしい女が出てきて、俯いたままヒールの底が磨り減った赤いミュールを突っかけて出て行った。

私の声は今や精神科医でなければ、あるいは精神科医であっても、白衣を着ている時でなければ耐えられないであろうヴォリュームで響き渡っている。それでも私は至って冷静だ。精神科医の目に映っている私に比べて、実際の私はずっと冷静なのだ。叫びながら泣くと喉と心臓のあたりが引き攣れて、頭の中が圧迫される。血の流れる音が聞こえる。不意に憂鬱でいることへの飽きが来て、私は泣くのをやめた。なんでも、すぐに退屈になってしまう。
「たくさん泣けるのは鬱が晴れる前兆です。いいことですよ」
はあ? 涼しい顔して意味のないこと言ってんじゃねえよ。ホテルのベッドシーツみたいな白衣着やがって。どうせ過干渉な母親に育てられてきたんだろう。蝶よ花よ医者になれよと愛撫されながら育ってきたのだこいつは。今度こそ本当に泣きたかった。こんなものなのか人生は。こんなにつまらないものなのか。私ですら耐えられないのだから、もっと街を歩いている人が突然叫んだり、上裸になって火を囲んで踊ったり、首を切ったり、高いところに上ったり、それで飛び降りたりしてもいいんじゃないか。そんなことをしている人が珍しいってことは、もしかして私の人生って世界の中でも堪え難いレベルのつまらなさなのか。いや、みんながだいたいこの程度の人生を何とも思わないで暮らしているだけなんだろう。ああ、運動だ運動。運動がしたい。街を裸足で走ったり、手を振り上げて大きな声で叫んだり、ドラム缶を棒で叩き潰したりしたい。思いついたらすぐにそうしたくなって体の内側から全身に震えがくる。
「先生、運動がしたいです」
どういう運動ですか? 精神科医はさっきまで私が泣き叫んでいた言葉を書き取っていたタブレットに鍵盤を表示させて言った。
「どういう運動ですか?」
もう一度同じ質問を繰り返すと、精神科医は立ち上がって片手で乱暴に画面の鍵盤を叩きながら歌い始めた。チープな鍵盤の音と奇声のような歌が診察室に立ち込める。私は今まで考えていたことと、これから考えるべきことも全部忘れてしまった。突然、彼は振りかぶってタブレットを窓の外に投げて言った。
「こういう運動ですか?」
さっきまで指先で叩き割られてしまいそうだったタブレットは、窓の外に飛んでいく時には意外と紙みたいで、痛みを失っていて身軽だった。マンションの下のほうでかすかに悲鳴が聞こえる。満足げに短く息を吐いて白衣の襟を正した彼の眼鏡は、少しずれていた。少し笑っている。私はこういう、偶然に訪れる快楽を信用していない。精神薬を飲んだり、精神科医と寝る。そういう、想定した通りに、想定した分だけ訪れる快楽しか信用しない。そうやって私は、いつまでも、自分を憂鬱から逃れられないようにしてきた。彼が目の前の椅子に座る。目が合う。彼は私の退屈をわかっている。私には彼の退屈がわかっている。そしてそれをわかっていることが、もうお互いにわかっていた。
「こういう、運動です」
本物の性欲、というものがどういうものかわからないけれど、とにかくそうとしか言いようのないものが、私の中でちらりと動いたのがわかった。そしてそれをもう彼は知っている。

文=姫乃たま


関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2
とりあたまちゃんシーズン3
the toriatamachan season3
とりあたまちゃんシーズン4
the toriatamachan season4

姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター
1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を軸足に置きながら、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。フルアルバムに『僕とジョルジュ』があり、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。
ウェブサイト ■http://himeeeno.wix.com/tama
Twitter ●https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
18.07.01更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |