本家三行広告 2 ミストレスランド 2 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Does it know as "ZINE"?
The book which I want to read by myself is made!

“本”と私たちの新しい関係を巡って
“ZINE”≠ART BOOK?

取材・文=ばるぼら

先週の記事において、「ZINE」と、その「ZINE」を取り上げたイベント「ZINE'S MATE」をネットワーカー・ばるぼらさんに紹介していただきました。同人誌やミニコミとは違う自主制作出版物「ZINE」は未だ大衆には知られておらず、そのためか意図的に定義を混同した紹介も見受けられます。電子書籍やケータイコミックの普及が進む現状に逆行するかのような「ZINE」たち。にわかに盛り上がる実状を、引き続きばるぼらさんにレポートしていただきます。
 | 

<< 前回の記事を読む

先週の予告どおり「BOOK OFF / ZINE OFF」に行ってきた。千代田線西日暮里駅のすぐ近く、ビルの三階の一室「op.00302」で7月24日まで開催されている。開催というほど改まった様子はなく、主宰の山本悠氏以外は誰もいなかった。歩くのさえ容易ではなかった「ZINE'S MATE」の盛況さとは対照的である。

このイベントの考えるZINEとは何か。公式サイトでは「個人、あるいは有志のあつまりが自主的に発行する出版物のことを、とくにzineと呼びます」と簡潔に説明する一方で、「同人誌、ミニコミ、プライベートプレス、リトルプレスといった言葉たちよりも一層、捉え方が人それぞれであり、形態も目的もさまざまで定義のあいまいなzineという言葉には、限定されていくメディアのあり方や、現状行われるコミュニケーションの姿をたえず解体し、造形し、見つめていく、そのような期待が込められていると考えます」と、ZINEに何かしらメディア変革への意識を託したコメントもついている。ならばそのようなZINEが並んでいると考えていいのだろう。

入口すぐに現在販売されているZINEが並べられ、奥の部屋には売り切れた、または一点もののZINEが参考に置かれた棚がある。つまり買えるZINEと買えないZINEが分かれていた。一通り目を通した印象では、買えないほうにも面白そうな本が多かったので残念だったが、ひとまず気になったものを4冊購入。『旅行』(PANPANYA)、『第100理科室』(落下傘)、『俺の考えた三輪彩子』(鎖国探偵)、『kuso zine』(koya)。すべて漫画かイラストレーション集で、たまに文章が混ざる。どれも良い。他にも盗撮ZINE、一言ZINEなど、並んでいるZINEは総じて興味深いものが多かった。


「BOOK OFF / ZINE OFF」店内の様子。

ばるぼら氏購入の4冊。
左:『旅行』/PANPANYA 左中:『第100理科室』/落下傘
右中:『俺の考えた三輪彩子』/鎖国探偵 右:『kuso zine』/koya


観ていて引っかかったのは、会場や一部の本のスタンスがどこかしら「アート」を意識している点である。例えば一点ものは買えない。作者と本のあいだの距離が非常に近いというのはZINEの特徴ではあるが、しかしこの時受け手が介在する余地がほとんどなく、会場を訪れた人が閲覧者になるだけでは、“現状行われるコミュニケーションの姿をたえず解体”することは非常に難しいのではないだろうか。作品が作品として孤立し、それを受け手が一方的に解釈する姿はアートのそれである。つまり企画の題目と実態にズレが生じている。ZINEの間口の広さに惹かれてZINEという言葉を選んだのなら、そこは慎重に「ZINEの魅力」を演出してほしかった。

ただ、逆に考えてみると、前回紹介した海外ショッピングサイト「Etsy」や、コミックマーケットのような同人誌即売会の主催者側は、「場の提供」に徹している。最低限の審査以外は本のセレクトに自分達の意図を混ぜない。そうしたインフラ的役割を考えてこの「ZINE OFF」を企画したのならば、それはある程度成功しているだろう。

連鎖的に二つのZINEイベントが開催されるこの現状を、素直にZINEが盛り上がっているのだと感じるが(「ZINE'S MATE」はまた開催するかもしれないらしい)、何かものすごいZINEが出てきて、ZINEの世界に革命が起きたというわけではないと思った。変わってきたのは、ZINEの認知度と流通形態である。海外では「ZINEで注目されてビッグになりたい」という作者と「センスのいい本を置きたい」という店側の思惑が合致し、作者をサポートするパトロン的なギャラリー/ショップも出てきているようだし、日本でも同様の展開が起きているということだと思う。本来「商業出版ではありえない別解」というオルタナティヴな存在であったZINEが、「メジャー予備軍」というインディーズ枠で括られてしまうことにならなければ、歓迎したい動きである。

文=ばるぼら


関連記事

The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界
【1】>>>【2】>>> 【3】>>>【4】>>> 【5】>>>【6】>>> 【7】>>>【8】>>> 【9】>>>【10】>>>【11】>>>【12】>>>【13】>>>【14】>>>【15】>>>【16】>>>【17】>>>【18】>>>【19】>>>【20】>>>【21】>>>【22】>>>【23】>>>【24】>>>【25】>>>【26】>>>【27】>>>【28】>>>【29】>>>【30】>>>【31】>>>【32】>>>【33】>>>【34】>>>【35】>>>【36】>>>【37】>>>【38】>>>【39】>>>【40】>>>【41】>>>【42】>>>【43】>>>【44】>>>【45】>>>【46】>>>【47】>>>【48】>>>【49】>>>【50】>>>【51】>>>【52】>>>【53】>>>【54】>>>【55】>>>【56】>>>【57】>>>【58】>>>【59】>>>【60】>>>【61】>>>【62】



man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.07.19更新 | レビュー  >  その他
文=ばるぼら |