女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Does it know as "ZINE"?
The book which I want to read by myself is made!

『Quiet & Quest』/masahiro nakano
“本”と私たちの新しい関係を巡って
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ?

取材・文=ばるぼら

「コミックマーケット」に代表される同人誌即売会により、「同人誌・ミニコミ」は様々な形で紹介され、多くの方に認識されています。ですが同人誌とは異なる「ZINE」のことをご存知でしょうか。知っているようで知らないこの自主制作出版物、はたしてよく知られたミニコミとは何が違うのでしょうか。案内人はネットワーカー・ばるぼらさんです。
 | 

ここ数年の日本での盛り上がりを受けてか、原宿で7月10日〜12日まで開催された「ZINE'S MATE」や、西日暮里で7月24日まで開催されている「BOOK OFF / ZINE OFF」など、“ZINE”をテーマにしたイベントが相次いでいる。ZINE(ジーン)とは何か? この呼び名はもともとファンジン(ファンマガジン=ファン雑誌)を略した言い方で、特に小部数の自主制作出版物をさす。「ふーん、ようは同人誌やミニコミを集めたイベントってことか」というのは中らずといえども遠からず。

たしかに「小部数の自主制作出版物」というと日本では同人誌やミニコミが意味合いは近いけども、現在“同人誌”と聞いて「コミックマーケットなどで売られている自主マンガ誌」を連想する人が大勢いるように、ZINEという言葉から連想される出版物というのも、既にいくつかイメージが形作られている。たとえば「余白の多いドローイング作品集」「カラーペインティングされたモノクロ写真集」「ワープロやタイプライターで打ち出した文章を切り貼りしたテキスト集」などがそうである。もちろん古くからある「好きな本やレコードの紹介」「商業誌では敬遠されるようなテイストのイラスト/コミック」「私の詩集」も含まれる。イメージがわかない人は、海外ショッピングサイト「Etsy」の「books and zines」カテゴリを見てみるといい。いかにも低予算で作られた、でも何か一本筋の通った、手作り本が沢山並んでいるのを発見できるだろう。

Handmade Zines on Etsy - Indie, art, fiction, how to, poetry zines

『Quiet & Quest』/masahiro nakano

『乙女通信11号 本のことば』/イワフチメグミ

海外では1930年代にシカゴのSFファンクラブが『The Comet』というファンジン第1号を作って以来、利益第一ではない手作りの出版物の系譜は全国各地に広まり、その延長上で70年代後半のパンク・ファンジンのムーブメント、90年代のe-zineムーブメント(ネット上のファンジン)が起きた。共通するのは「インディペンデント精神(自分で自分の読みたい本を作る!)」であり、21世紀の日本で再び脚光を浴びている“ZINE”もまた、この系譜を受け継いでいると考えるべきである。

ひとまず「ZINE'S MATE」を覗いてきたが、先に挙げたある種の共通の匂いや雰囲気をまとった出版物が、所狭しと並んでおり、非常に盛況だった。設置された見本誌コーナーは、様々な国の、様々な人の、様々な種類の表現欲求が感じられ、いくらでも時間をつぶせると思う。何か買おうと思ったがお金を下ろしてくるのを忘れたので、写真パージン『Quiet & Quest』(masahiro nakano)と、買い逃していた『乙女通信11号 本のことば』(イワフチメグミ)の2冊だけ購入。ちなみにパージンとはpersonal zine(個人誌)。後者は可愛らしいタイポグラフィ作品集。

気になったのは、(厳しく言えば)プロの素人ごっこのような、お金も技術もある人がわざと遊び気分で作ったような本が並んでいたり、何千円もするアートブックそのものの本もあった。公式サイトには「ジン、アーティストブック:出版、ひいては文化そのものを推し進めるのに必要不可欠な、新しいアイデアと表現方法の培養土」と、ZINEとアーティスト・ブックを意図的に混同した、やたら広い定義が書かれているが、ZINEという言葉の原義に戻れば、そこにはきっちりと線を引くべきだろう。ZINEはアーティストが作ってもいいが、アーティストのものだけではない。ニキビの多い中学生が作ったっていいのだ。素直に「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2009」と名乗れば問題ない品揃えであった。

来週までに「BOOK OFF / ZINE OFF」へ行ってこようと思う。

続きを読む>>
“本”と私たちの新しい関係を巡って――“ZINE”≠ART BOOK?


関連記事

The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界
【1】>>>【2】>>> 【3】>>>【4】>>> 【5】>>>【6】>>> 【7】>>>【8】>>> 【9】>>>【10】>>>【11】>>>【12】>>>【13】>>>【14】>>>【15】>>>【16】>>>【17】>>>【18】>>>【19】>>>【20】>>>【21】>>>【22】>>>【23】>>>【24】>>>【25】>>>【26】>>>【27】>>>【28】>>>【29】>>>【30】>>>【31】>>>【32】>>>【33】>>>【34】>>>【35】>>>【36】>>>【37】>>>【38】>>>【39】>>>【40】>>>【41】>>>【42】>>>【43】>>>【44】>>>【45】>>>【46】>>>【47】>>>【48】>>>【49】>>>【50】>>>【51】>>>【52】>>>【53】>>>【54】>>>【55】>>>【56】>>>【57】>>>【58】>>>【59】>>>【60】>>>【61】>>>【62】



man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.07.12更新 | レビュー  >  その他
文=ばるぼら |