Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』

著者:clone人間
発売: 2017年8月25日
出版社:コアマガジン
Goldman presents The Rock'n Roll Ero-Manga
鬼才AV監督・ゴールドマンがお勧めのエロ漫画を熱く語る! 
淫語インストラクターにして官能小説家、そしてベテランAV監督であるゴールドマン氏が「ズリネタ」として唯一活用しているモノ、それは「エロ漫画」だった! プロのエロ事師は何故、「エロ漫画」でなければヌケないのか、「エロ漫画」にしかない魅力とは、一体何なのか。ゴールドマン氏が実際にズリネタとして使用している大好物な作品たちについて、編集部がインタビューを敢行。好評につき続投中です!!
 | 
編集部(以下「編」) ゴールドマンのロックンロールエロ漫画、今回お持ちいただいた作品は。

ゴールドマン(以下「ゴ」) clone人間先生の『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』です。

編 「クローンニンゲン」さんというお名前にまずやられますよね。

ゴ 独特の雰囲気で、ちょっと僕は怖いというか奇妙な印象を受けた。

編 中二病的かと思いきや、インモラル感もあり......。

ゴ ヤバさを感じるよね。チンズリーナ先生も凄いと思ったけど。

編 そういったユーモアは感じさせずに、ヤバさだけがありますよね。

ゴ シュールレアリズム的だね。

編 表1の帯には「雌母降臨!!!」。そして表4の帯には「夫と娘夫婦と共に旅行にきた百子は、酔ったふりをした義理の息子の祐介に犯された。その後も祐介は家族の目を盗み、百子に凌辱の限りを尽くす!!! 貞淑な人妻が熟したその肢体に若い雄汁を打ち込まれ、やがて......。」で、「鬼才・clone人間が描く、快楽に堕ちていく雌母をあなたに!!!」」とあります。

ゴ 雌母を強調してるね。

編 義理の母息子ものですね。clone人間さんは以前からご存じだったんですか。

ゴ 名前は存じ上げてたけど、作品をちゃんと読んだのは今回が初めてだね。だいたいこういう劇画調というか、アンニュイな、わびさび感のあるものよりもっと平成的な、萌え系でオナニーしたいという願望が強いので。昔風のテイストの絵柄ではヌカない努力をしてきたんだけど、やはり躰に染みついた昭和オナニズムみたいなものがぬぐいきれなくて。

編 こちらの作品、版元はコアマガジンさん、連載は『コミックメガストアα』。昭和的な劇画風に見えつつも、今どきの雰囲気もちゃんとありますよね。

ゴ そうだね。昔のいわゆる『劇画なんちゃら』みたいな、人妻ものを寄せ集めました、みたいなところで描いてる人たちとは全くトーンが違うね。

編 でも劇画風のタッチなのはひと目で分かる。いったいどういうところに特徴があるんですか。

ゴ 官能劇画にしては線が細くて品があるよね。上品。

編 そしてアニメっぽい顔つきじゃないところが劇画っぽいんでしょうか。リアルな人間の目と比べると馬鹿デカイのが今のエロ漫画ですけれど。

ゴ そうだね。ただそんなに古臭さも感じないし、いまどきと言えばいまどきの、読ませるタイプの漫画なのかな。

編 先に冒頭の3話だけ読ませて頂いたんですが、話の骨格は昔の劇画時代の香りがしました。というわけで、そんなclone人間先生の『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』、中身を見ていきましょう。

■おしゃれで貞淑な清楚系人妻を寝取り快楽で堕とす!

編 全7話で「真珠色の残像」という話が載っていまして、最後に1話だけオムニバスの別の話ですが、今回紹介するのは最初の「第一話」です。これは「第七話」にも続いてるんですが、モノローグで主人公である義母の百子さんがポツポツしゃべりながら、写真にハサミを入れてるシーンから始まります。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.7

『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.8


ゴ 2時間ドラマっぽいね。

編 ここからもう昭和の香りがしてますね。

ゴ そうだね(笑)。最近、普通はこういうのないから。

編 百子さんと旦那さんは年が離れてるんですね。年齢が書いてあるわけじゃないですが。

ゴ 年が離れていて、旦那のほうは性欲が枯れている。

編 そんな年の差夫婦ではあるんですが、瞳という一人娘がいます。そして瞳の旦那が義理の息子である祐介。百子さんは若く見えますが、ちゃんと瞳の実母ですね。

ゴ 若く見えて、尚且つ豊満な肉体。

編 印象は貞淑で清楚な人妻。

ゴ そうだね。やっぱり最初のシーンのダウンコート的な装いが、普通のエロ漫画では出てこないじゃない。こういうの。

編 確かに、百子さんのファッションが全編にわたってよくできていますよね。かぶってるニット帽もそうですし。瞳みたいなしっかりした娘がいるお母さんが前髪を作ってるのも珍しいですよ。

ゴ ミセスもののファッション誌に出てきそうな、読モ的な感じだね。

編 そんな二世帯家族が温泉宿へ家族旅行へ行くというシチュエーション。そこで「家族風呂」がありまして、湯船で日本酒が飲めるそうです。こういう温泉、僕は経験ないんですけどゴールドマンさんはあります?

ゴ どうなんだろう、湯船でお酒飲まないから分からないけど。でもお金持ちだから借り切って、何やってもいいって感じなんじゃない?

編 そんな中で祐介がチラリチラリと義母の肢体を眺めています。「桃子さんの...生尻......♥」とか思ってるんですね。しかしこの二世帯は普通にお互いの裸を見せ合うことをしてる人たちなんですかね。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.10


ゴ いや、でも......お義母さんは義理の息子に裸を見せないでしょう。

編 常識的に考えたらそうですよね。

ゴ 見せてたら緊張感ないしね。

編 なので、初出の百子さんは体にバスタオルを巻いています。一方のひとみさんは裸で入っていますね。そして飲み過ぎた高齢のお父さんをひとみさんが介抱していて、「飲み過ぎだよパパ~」「あたしもあがる~ ママゆっくりしてて」「そうさせていただくわ」と言う流れで百子さんが湯船で一人に。ここで初めてバスタオルを取るんですね。そして出てくるブチ抜きの縦カットがこちらです。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.11より


ゴ 絶妙なバランスの肉づきのよさ。そして小顔だね。

編 髪の毛もまとめています。このカットがclone人間先生の作画タッチとして非常に印象的ですね。デカい乳輪と、目の下の火照り、そしてさらに下腹部のちょっとした弛みまで薄いスクリーントーンで絶妙に描写されています。

ゴ 素晴らしいね。「ちゃぽん...♡」

編 水面に映るデルタ地帯がいいですね。

ゴ さすがだね、細かい。

編 そしてここからいよいよ物語が始まります。全裸で現われた祐介が「ひとみ~」「ひとみ~ しよ~」と酔っ払ったていで百子さんに詰め寄るわけです。ところがページを捲るともう......。

ゴ 衝撃だったね。

編 なんと、縦に大きく「ヌルッ」という擬音と共に......。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.14


ゴ 「ブクブク♡」っとね。

編 お湯の中でいきなり挿入です。

ゴ この断面図が、いわゆるエロ漫画のそれと比べると凄く生々しいというか、医学的な印象がする断面図なんだよね。

編 レントゲンぽいというか。子宮の位置なんかもおそらく考えられてると思われます。

ゴ そして百子さんの目のアップ。びっくりするよね、いきなりの挿入だから。

編 祐介が言います。「す...すみません...瞳と勘違いしました」。それに対して百子さんが「ぬ...抜いてください 早く...っ」「は...早く...っ」と言ってるところに瞳さんがやってきます。「祐介ーっ ママ―まだ入ってんの?」と。そして同じ湯船に入って来るという展開。

ゴ 早いね。そして挿入は続いたまま。

編 バレないのか?という読者の疑問に答えるように「真っ白だね。効能ってなんだろうねママ」と。

ゴ そすがここら辺はテクニシャンだね。

編 温泉にありがちな乳白色の湯であることが示されます。そしてここからはモノローグタイム。「や...やめて」「膝立てないで お義母さん 怪しまれます」という祐介の確信犯的な思考が。「瞳と結婚させていただきご家族になってから2年...」「遠慮はもうしません この旅行は寝取りのチャンス」「まさかこんなにすんなり貴女の肉腿をかち割り押し入れることができるとは」。


  • 『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.16-17


ゴ 「結合が深く...」「びく...っ びく...」「ぐぱぁ♡ ひくひく」っていうのが凄く緊張感があっていいね。

編 百子さんも内心で「気を抜くと...」「声が...わたし漏れてしまう」。そんなことは知らずに瞳さんは「ほんと来てよかったね ママ」。

ゴ 隣でバカ面で笑ってるね。

編 効いてますね。この左ページの大股開きカットもいいんですが、次の見開きから素晴らしいページ構成を見せてくれるclone人間先生です。この作品にはこの後もたびたびこうしたページ割が出て来ます。

ゴ エロ漫画ではあんまり見ないよね。

編 複雑な体の結合具合やその状況を見開きで非常に上手く示していますよね。見開き上部で2人が重なり、右と左で男側と女側のモノローグを分けています。「こんな締め付けて...僕のが気に入っていただけたんですか」「な...何ておとこ...っ」。一つ一つが細かいんです。股間からかすかな泡が「ブク ブク」。

ゴ ペニスに押し出されて空気が出てきてる。

編 そして軽く愛撫してるかのような手の位置がまたイヤラしい。


  • 『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.18-19


ゴ 娘は何も知らずに「明日さ りんどう園行こうよ」という、このマヌケな感じ。

編 祐介が何食わぬ顔で「ああ そうだな」と答えています。ここで瞳からネタばらし。「ねえママ 祐介ったら今回の旅行 すごく張り切ってたんだよ」「旅館も全部祐介が選んで私に何もさせてくれないの~」。それに対して祐介は「ぜひお義母さんと来たかったもので♥」と。

ゴ イヤラしいね。さらにところどころ断面図で深く刺さって「ぞくぞく♡」となる様が示されて。

編 「あ...また...ン ねじ込んで...ン」「あ...ああ...声がっ」「は...ああ 抜いて...お願い」というモノローグがあって、瞳さんが「湯あたりしそう」と湯からあがります。

ゴ すると...。

編 本領発揮です。「ああ...あっ んや...いやっ」「いやです...ン」「祐介さん...なんて目で私を見るの...っ」。

ゴ この「いやです」って言葉でヌケるね。「です」をつけてるところがまたこの奥さんの上品さが出てる。

編 まだ「祐介さん」とか言ってますから。「あ...ああん ゆ...祐介さん そんな...ああっ」「...しないでああ...いや...っ」。すると祐介が「声抑えて まだ近くに瞳いるかもです」と。このセリフがまたいいですね。「とても瞳を産んだ穴だなんて思えません♥」。

ゴ 結合部ドアップ。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.20より


編 抽送の勢いを感じさせるカットです。そして引き続き2人の激しいカラミ。「ああいや... もうしちゃいやなの...っ」「あああ奥を......っ」「ああいや...うそ...っい...いく...っ♥」という百子さんのモノローグの裏で2人の会話があります。「ゆ...祐介さん...お願い...お願いだから...ああむぅっ...ンっ♥♥」「声が漏れるほどいいですか 僕のが♥」「ちが...ああ...ン♥」「うう 締め付けが...っ たまりません...っ」「あ...あ...あ あひ...っ あひいい♥ン」「あひ...あひ...あひいい...ン あ...あひい...あひい...いいン♥」。

ゴ 「ドクンドクン」

編 そして「中で...男のモノが跳ね回って...」ということで、このしずる描写はどうですか。

ゴ 凄いね。迸り方もそうだし、敢えて顎を上げて顔を見せないという。この生々しさがたまらないね。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.21


編 そして胸の「ぷるるん♡」という細かな描写。この液体描写もディフォルメされてなくて、そういうところも劇画っぽいですよね。

ゴ そうだね。ホントではないにしても嘘っぽさはないよね。「あひ...あひ...あひいい...ン」っていうのもあまりない(笑)。

編 そして「あ...ああ...祐介さんが...出してる...わたしの身体に...アレを出してる」ということで体中にかけてるカットがあり、ここから祐介の弁明タイムに入っていきます。2人浴衣姿で、ロビーでしょうか。公衆の面前で深く腰を曲げて頭を下げている祐介。周りのお客さんたちがいぶかしそうに見てる様子も描かれています。

ゴ 2時間ドラマっぽいね。

編 謝ったことで一度きりの過ちとして終わったかと思いきや、晩御飯も食べ、時間経過もあっていきなり夜中です。百子さんのくぐもった声のカットから始まります。「びくっ」「あ...ンんっ」「はあはあ」からの、これです。

ゴ 「え.........!?」


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.26


編 このカットがまた何ともイヤラしい雰囲気です。「しーっ」と唇の前で指を立てた祐介が百子さんの下着を太腿まで下ろして、すでに指で愛撫しています。

ゴ 「とろり♡」と汁気のある生々しい割れ目も描かれてる。

編 こういう差し込みが上手いですよね。

ゴ 背景の旅館がきっちりしてるとか、油断した旦那が寝てたり、全体が普通のドラマっぽいから逆に効くんだよね。

編 ディフォルメもされてるんですが、こういうところに劇画の雰囲気が残ってますよね。川の字状態で家族が寝ているところで夜這いを仕掛けているという状況。

ゴ 声も出せず。

編 そんな中で祐介の腰の上に載せられて「騒ぐとみんなが起きます」「ひ...いや...っ 貴方...正気なの!?」「ああ...またそんな...奥まで...ンっ」「たまりません百子さん...っ♥」と2人分のモノローグです。

ゴ 見開きで結合部アップ。


  • 『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.28-29


編 そして今度は唇まで奪われます。「ちゅぽ♡」「ンン~っ」「挿入れてはダメ...!」「ンン...ああああ」」。

ゴ 「ぐぱぁ」とかなりデカい結合部。肛門が無修正で来てるね。

編 「おねがい...こんなこと...しないで」と。そこへ乳を吸ってる祐介の顔です。

ゴ ちょっと幸せそう(笑)。

編 「それなら百子さんが動いてください」「きっと早くおわりますよ」と言われて困惑する百子さんの顔が来て、祐介のこのモノローグ。「上品で清楚...愛嬌のなかにも色気があり...あきらかにランクの違う女 マイホームで熟成を重ね 外気に触れることを拒む いじらしい白い裸体 大きく揺れる胸とお尻が天真爛漫で いつも僕を虜にする 僕だけの愛おしいお義母さん」。

ゴ 効いてるね。

編 思いの丈みたいなものが溢れてます。

ゴ 結合した後に入って来るのが、かなり効くね。

編 そして「百子さんの雌の醜態」「僕だけに見せてください」と言われて「くっ」と、少し涙ぐんでいるような百子さん。

ゴ 感じちゃいけないと唇を噛み締めながら涙目。


『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第一話 p.30より


編 こうして、騎乗位で結合した状態のまま「第一話」が終了です。

■リアリティのあるサスペンス・エロスは大人の男性におススメ!

編 もうこの一話を読んだだけで、このあとの展開が大まかに分かってしまう印象です。

ゴ 関係性がね。祐介は寡黙ではあるけど非常に計画的で、尚且つマラに自信があるというか、いきなり挿入して奥までって......それも体勢的に結構厳しいじゃん。

編 凄い早技。そこは漫画ならではの素晴らしいショートカットですよね。

ゴ そうだね。

編 こういういわゆる義母ものは、劇画的なジャンルでは......。

ゴ 珍しくはないよね。寝取り寝取られ的なのは。ただこのclone人間先生は、背景描写というか、全体のドラマの中でスリリングなものをぶち込んでくる能力がもの凄く高い気がする。

編 義母のキャラクターの魅力も、もちろんありますよね。

ゴ そうだね、基本的には上品な、明らかにランクの違う女。

編 先ほど取り上げたモノローグ。

ゴ 男の内面の卑屈さも凄くいい(笑)。やっぱり基本的にいまどきの漫画でヌケないのは、男があんまり卑屈じゃなくてダークなエッセンスが少ない気がするんだよ。

編 なるほど。

ゴ コイツはワルなんだよね、相当。

編 かなりワルですよね。計画的に家族旅行を練って「寝取りチャンス」とか。

ゴ のほほんとした家族の時間をぶち壊していく。

編 そのネチネチしたダークな執着心は一途な気持ちから生まれているという。

ゴ ストーカー的な要素も強いよね。一応他人ではないというところで。

編 これが全然知らない相手になると犯罪じみてきますもんね。

ゴ そうするとストーリー的にはよくある話であんまり面白くない。レイプしたりね。これは家族関係で、現実にこんなことしたら面倒臭くなるだけで有り得ないというか、勃起してる場合じゃないんだけど、引き込まれるよね。

編 「家族が寝静まった後で」ですもんね。今回ご紹介したのは「第一話」なんですが、全7話で話は完結するんですよね。

ゴ そうだね。

編 途中で若いカップルなんかもプレイに参加したり。

ゴ いきなりスワッピングみたいなことをする。

編 百子さんもスワッピングの最中に嫉妬心を覚えたりする自分に驚いたりしつつ、結局は百子さんと祐介の色恋的なお話に。

ゴ 最終的には心が惹かれあっていくという展開。それにしても百子さんは上品ぶってるけど、体が淫乱すぎる雌母。そこだね、ポイントは。

編 なるほど。「第一話」ではまだ貞淑で清楚な良き母みたいな印象ですけど、一皮剥いたら凄いぞと。

ゴ とんでもない、強烈な性欲の持ち主。

編 祐介がそこを開発していくストーリーでもあるんですね。

ゴ お互い様なんだよね。「第二話」で、観覧車の中で交わるシーンがあるんだけど、ここなんかすごいイキ方してるから。膣痙攣的なやつ。

編 救急車呼びますかみたいな言われ方をされて。


  • 『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』第二話 p.48-49


ゴ 「ガクガク」「じょおおおおぉぉ」。まだこの時点では心を開いてないにも拘わらず、体は開発されてしまってる。

編 そういった徐々に開発されていく女の性(さが)みたいなものの描写もclone人間先生は素晴らしいと。

ゴ そうだね。妄想ではあるんだけど、ポテンシャルとしてね。僕の大好きなフランス書院で描いてる綺羅光先生は、女教師とかきちんとしたバックボーンの方を主人公にしてるんだけど、とんでもないドマゾ変態女の素養が実は凄くある、という描写が上手い。

編 そういうスタイルをclone人間先生も持っていると。

ゴ やっぱり才能だね。素養がないのに、鈍感ボディに顔だけ綺麗で体はマグロみたいな人、いっぱいいるから。

編 漫画だとそこにマジカルチンポでアーンアーンですよ。

ゴ まあ漫画だからね(笑)。

編 そういった女体の開発のされ方というか、開花の仕方にリアリティがあるように感じる点が、やはりこの劇画調作品の売りだったりするんでしょうか。

ゴ そうだね。いかに素養を引き出していくか、スリルとか、サスペンスドラマ的なドキドキ感を味わわせてくれる。大人の人にもオススメだね。

編 充分に大人になりきったゴールドマンさんから大人の皆さんへのオススメ作品。

ゴ 大人の人は漫画でオナニーしないと思うけどね(笑)。どうなんだろう、エロ漫画でオナニーしてる大人。

編 たくさんいらっしゃると思います! ということで、鬼才という言葉がピッタリな作家さんでしたね、clone人間先生。

ゴ そうだね。文学的な素晴らしい傑作なので、是非買って読んでください。

編 今回ご紹介したのは『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』、clone人間先生でした。

(続く)

『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』(コアマガジン )

著者:clone人間
発売: 2017年8月25日
出版社:コアマガジン

amazonにて詳細を確認する>>

関連記事

ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画 
『親密―艶母たちの秘愛相姦』(オークス)
『まりこさん人妻欲情視線』(クロエ出版)
『女子穴・志穂ー人妻キャスター肛辱痴獄』(エンジェル出版)
『種付けストーキング』(エンジェル出版)
「さくらだくん」(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
『童貞鎮魂姦』 著者=にったじゅん (三和出版)
『フェラピュア』 著者=Fue (ティーアイネット)
『淫華-犯されママと拡張女教師-』 著者=風船クラブ (クロエ出版)
『はじめよっか』 著者=EB110SS (茜新社)
『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
『純潔マニアック聖女』 著者=二宮亮三 (コアマガジン)
『媚少女ぱーてぃー』著者=いぶきち(コアマガジン)
『純愛コラプス』著者=流一本(ヒット出版社)
『濡れてる人妻』著者=やながわ理央(富士美出版)
『娘これ♀ 』 著者=井ノ本リカ子
『彼女の穴。』 著者=早乙女もんどのすけ(一水社)
『恋乳ているず』 著者=momi(マックス)
『ふたろま~ふたなり露出マニア~』 著者=紅ゆーじ(三和出版)
『えあエッチ!』 著者=サブスカ(ティーアイネット)
『チン☆デレ』 著者=チンズリーナ(三和出版)
『甘姦』 著者=刻江尋人(ワニマガジン社)
『恥染偏執』 著者=心島咲(三和出版)
『ぬきドキ?』 著者=じんじん(茜新社)
『耳袋さんの知恵袋』 著者=めぷちん☆ (秋田書店)
『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
『肉食学園 痴女教師』 著者=板場広し(ティーアイネット)
『童貞喰いっ!!』 著者=にったじゅん(三和出版)
『Masyo2016年12月号』所収「ロボットデリヘル」 著者=にったじゅん(三和出版)
『イノセント・チルドレン』 著者=みやびつづる(メディアックス)
『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
『覗いてはいけないNEO!III』所収「同級生女子のお漏らし姿を見て俺は」 著者=漢弾地(メディアックス)
『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
『獣愛姦通』 著者=TYPE.90 (ティーアイネット)
『淫行リキッド』 著者=えすお (茜新社)
『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
radio_mg.jpg
ゴールドマンの今日から使える淫語講座
ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。
 | 
17.10.31更新 | WEBスナイパー  >  ロックンロール・エロ漫画
文=ゴールドマン |