女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人の禁断アブノーマル小説、待望の第三作目がついに登場!!
やんごとなき事情から町内会のスケベ親父たちに「飼われる」ことになった、薄幸の微乳美少女。彼女はどんな体験を噛み締めなければならなかったのか――。羞恥の鉄人・小林電人と気鋭のイラストレーター・浦野つかさが満を持して放つ官能ロリータ・ファンタジー!
 | 
「町内会で飼われる少女」【18】

北村の亀頭は、潤滑油でヌラヌラと濡れ光っている。その先端が愛美の菊花の中心に押し付けられる。可憐な窄まりを割り裂いて、沈み込んでいく。

「ああっ、いやぁっ!」

愛美の悲鳴が上がるが、北村は容赦せずに挿入を続ける。

「力を抜かないと痛いよ。ほうら、もう先っちょは入っちゃったよ。おお、すごい締め付けだ」
「ひいっ、止めて。もうだめですっ」

すでに十分にほぐされていた愛美の肛門は、抵抗を見せながらもゆっくりと北村の亀頭を受け入れていってしまう。

しかし、愛美はメリメリと身体を引き裂かれるような苦痛に襲われていた。もう呼吸も出来ず、悲鳴すら上げられない。

「ふふふ、もう根本まで入っちゃうぞ。どうだい、初めて男のモノを身体の奥まで受け入れた感想は?」
「あ、あ、あ......」
「どうですか、処女のアナルの味は?」

接合部を覗き込んでいた橋崎が、北村に尋ねる。

「素晴らしいですよ。すごい締め付けです。ちょっと油断すると、すぐに絞り取られてしまいそうだ......」

北村は愛美の白い尻肉を平手でピシャリと叩く。

「ひぃっ!」

突然の苦痛に愛美は台の上でうつ伏せに拘束された身体を仰け反らせる。

「ふふふ、お尻を叩かれれば、穴のほうの痛みも少しは和らぐだろう? しかし叩かれた瞬間に、さらにギュっと締め付けてくる。これはたまらないな......」
「町会長、そんな独り占めしていないで、早く我々にも味わわさせて下さいよ」

布団屋の上井が、浴衣の前を押さえながら言った。もう痛いほどに勃起してしまっているのだ。

「ははは、すまないね、上井さん。しかし、何事も最初が肝心だ。乱暴にやって、裂けてしまったら元も子もないでしょう。まずはじっくりと、愛美ちゃんのアナルの味を教えこんでやらないとねぇ」

そして北村は、ゆっくりと腰を動かし始めた。肉棒が窄まりから引き出され、そして再び挿入される。粘膜が擦られ、内臓が引き出されてしまうような苦痛に、愛美は喘ぐ。

「あ、いや、動か、ないで......」

北村は深く、浅く、そして円を描くようにと複雑な動きで、肉棒を出し入れする。愛美の肛門の感触をじっくりと味わう。

恥ずかしい排泄器官を犯されているのだという汚辱感と、身体を引き裂かれるような苦痛。愛美の白い肌は汗でぐっしょりと濡れ、そして細かく震えている。

「愛美ちゃんは、お尻の穴を犯されているんだよ。普通の女の子は、こんなところにおちんちんが入ったりはしないよ。愛美ちゃんのお尻の穴は、いやらしいねぇ」
「ああ、いや、もう、抜いて、下さい......」
「抜いて欲しかったら、こう言ってご覧。そうしたら、おじさんも興奮して、すぐに射精しちゃうよ、ふふふ」

北村は腰を使いながら、愛美の耳元で囁いた。もう意識が朦朧としてしまっている愛美は、言われるがままにその言葉を繰り返した。

「ま、愛美は......、北村のおじさまの、お、おチンポを、お尻の穴に、入れていただいて、すごく気持ち、いいです。愛美は、お尻の、穴が、感じる、いやらしい、女の子、です......」
「ふふふ、そうかそうか。そんなにお尻の穴を犯されるのが気持ちいいか。じゃあ、もっと突いてあげようね」

北村は、腰の動きをさらに早める。それに連れて愛美の悲痛な喘ぎ声も激しくなる。

「ああっ、いや、壊れちゃう......っ」
「ほうら、もう一度、言ってご覧。お尻の穴が気持ちいいって」
「あっ、あっ、あっ......。愛美、お尻の穴が、気持ちいいです。北村のおじさまの、おチンポ、気持ちいいです。愛美は、いやらしい女の子です。ああっ、あっ」

まだ快感を感じる余裕などあるはずもないが、愛美はもう自分でも何を言っているのかわからなくなっていた。狂ったように卑猥な言葉を繰り返す。

北村はさらに腰の動きを早める。そしてビタン、ビタンと愛美の尻肉を平手打ちする。白い双丘が赤く染まっていく。

「ああっ、痛いっ。もう許して。ああっ、だめ。壊れちゃう」
「痛いじゃなくて、気持ちいいだろう、愛美」
「ごめんさい。気持ちいい、気持ちいいです。お尻の穴が気持ちいいです。ああっ、あっ、だめぇ、だめです」

愛美の尻がブルっと震え、さらに強い力で北村のペニスを締め付けた。さすがの北村も、もう堪えきれなかった。

「む、むう。いくぞ、愛美っ」
「ああっ、ああっ」

北村は一気に精を放った。腸内でそのほとばしりを感じた愛美は激しくのけぞった。拘束しているベルトが切れそうなほどだった。

射精の快感をじっくりと味わい、北村は愛美の白い背中に倒れかかった。汗でびっしょりと濡れた滑らかな少女の肌の感触が心地好い。

愛美はぐったりしたままだ。荒く息をついているが、意識を失っているかのようだ。

北村は、ゆっくりとペニスを引き出した。大量の精液を放ったのに、まだそれは硬さを失っていなかった。

「うわぁ......」

周りを取り囲んでいた男たちから、驚きの声が上がる。北村のペニスを抜き出した後の愛美の肛門が、ぽっかりと大きな口を開け、真っ赤な内壁までのぞかせていたからだ。そこから、白い精液がドロリとこぼれ落ち、そしてゆっくりと窄まっていった。


「いやぁ、大変素晴らしいものをいただかせてもらいましたよ」

だらしない中年の肉体を恥ずかしげもなく晒したままで北村は汗を拭く。

「こんな可愛い女の子のお尻のバージンをもらっちゃうなんて、全く町会長はひどい人だよ」
「地獄に堕ちるぞ、ははは」

男たちが野次を飛ばす。

「さて、次はどなたですかね。あんまり大きい人は遠慮して下さいよ。まだ拡張しきってないんですからね」
「そうだ、武史なんかは一番後回しだ」
「だいたいあいつは、もう口で抜いてもらってるだろう」
「いや、もう全然平気ですよ」

武史は、天井を向くほどに勢い良く勃起しているペニスを突き出す。若いだけあって、回復も早いのだ。

「おれは、まだ全然抜いてもらってないぞ。おれが先だよ」
「いや、私のほうがチンコは小さいですからね。まずは私でしょう」
「ここは年長者からだろう」

男たちが順番を争っていい合っている。北村との凄まじいアナル破瓜シーンを見て、男たちの興奮も限界に来ていたのだ。一刻でも早く、愛美の穴に突っ込みたいと、欲望が燃え盛っている。

結局、まだ射精していない者の中で、ジャンケンで順番を決めることになった。見事、一番目を勝ち取ったのは、さっき北村に不満を漏らしていた上井だった。髪も真っ白で、痩せぎすの上井は、かなりの年配に見えるのだが、実はまだ40代前半。外見に似合わず、精力が強く同い年の妻も、もてあまして、風俗遊びを許可していると、もっぱらの噂だった。確かに股間で勢い良くそそり立っている肉棒は、二十代の若者にも負けないようだった。

「じゃあ、いただきますよ。町会長のザーメンが残ったままというのが気になりますけどね」
「すまん、すまん。じゃあ、綺麗に洗腸するかい?」
「いや、もう待ってられないですよ」

上井は自分の亀頭に潤滑油を塗りつけると、愛美の尻肉を左右に押し開いて、菊花を剥き出しにした。ついさっき北村に凌辱されて、ぽっかりと大きく口を開いていたのが嘘のようにそこは可愛らしく窄まっていた。しかし、少し赤く充血しているのが凌辱された証だ。

「それじゃ、失礼して......」

上井は亀頭を窄まりの中心地に押し付ける。

「......あっ」

それまで、死んだように動かなかった愛美が頭を跳ね上げ、声を漏らした。上井の先端がめり込むとたちまち悲鳴を上げる。

「いやっ、もう、いやっ。お尻は、お尻は勘弁して下さい」

もちろん上井は止まるはずがない。乱暴にグイっと押し込んだ。窄まりは一気に広げられ、肉棒が打ち込まれる。

「ひぃーッ!」

愛美は絶叫した。ゆっくりジワジワと沈めていった北村とは違って、上井は性急に挿入したのだ。激痛が愛美を襲った。

拘束された不自由な身体をのたうち回らせている愛美に構わずに、上井は腰を動かし始める。相手のことなど気にせずに、自分の快楽だけを追求するような、動きだった。

「ひぃっ! ひぃっ!」

愛美は苦痛に喘ぐ。その様にサディスティックな感情に火をつけられたのか、上井は目を輝かせて、さらに激しく腰を動かす。

「ああっ、ああっ、いやっ、壊れちゃう、壊れてしまいます。許して!」

そんな絶叫も、上井を興奮させるだけだった。そして北村を真似たのか、上井も思い切り愛美の尻肉を平手で叩く。絶叫がさらに激しくなる。

「おいおい、あんまり乱暴にしないで下さいよ」

思わず、北村が注意するほどだった。

そして上井も、大量の精液を愛美の腸奥へと放った。上井が離れた後の、愛美の尻肉は真っ赤に腫れ上がり何とも痛々しそうだった。そして菊花もまた、赤く腫れ上がっていた。

再び死んだようにぐったりとする愛美。しかしジャンケンで二番目に勝った陽太郎が近づいてきた。戦前から続く老舗佃煮屋の若旦那だ。女性の扱いが上手い優男として知られているが、こんな状況の中では彼も情欲に突き動かされて、一匹の獣と化していた。

「次は僕ですよ、愛美ちゃん」

すると、愛美は叫んだ。

「もういやです。お尻は、お尻はいやなの。本当に壊れちゃう。お尻は勘弁して下さい!」

そう言いながら愛美は泣きじゃくった。陽太郎はさすがに困惑して頭をかいた。救いを求めるかのように北村を見た。

北村は愛美の顔の前でしゃがみこんで話す。

「愛美ちゃん、だってこれは契約だろう? 愛美ちゃんの処女は守ってあげる代わりになんでもするって。おまんこが使えないんだったら、お尻の穴で満足させてくれるしかないだろう?」
「でも、もう本当に痛くて限界なんです。許して下さい」
「でも、みんな我慢できなくなってるんだよ。男っていうのは、やりたくなったら歯止めが効かなくなるんだ。そうなったら、町会長の私だって、止められなくなる」
「ああ......。じゃあ、せめて口で......」
「だめだよ、よっぽどテクニックがあるならともかく、下手くそな愛美ちゃんのフェラじゃ、もうみんな満足できないって......」
「でも、もう、お尻は......」
「それじゃあ、しょうがないね。おまんこを使わせてもらおうかな」
「え?」
「もういいだろう? こんなことまでされちゃったんだから、後生大事ににおまんこの処女を守っていたってしょうがないでしょう。おじさんたちに、おまんこさせなさい」

北村はニヤリと笑った。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版」発売!!


『1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版』

監督: 小林電人
発売: 2012年10月30日
定価: 3990円(税込)
品番: MDJY-005
販売元: MARRION

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


関連記事

禁断ハード・ブリーディング・ノベル 赤い首輪
第一章 教え子・まる
第二章 若妻・麻美
第三章 アイドル・さやか
第四章 女教師・美沙子
第五章 公務奴隷・真紀
第六章 外交奴隷・アイリ
第七章 肛虐奴隷・穂奈美
第八章 体育教師・けい子
第九章 潜入捜査官・エリカ
第十章 特殊奴隷・晶
第十一章 学級奴隷・真弓
第十二章 指導者・レイヤ
第十三章 女上司・麻奈美
番外編 愛子の公開羞恥刑
第十四章 収容所長の密かな愉しみ
第十五章 奴隷の王

kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 |