女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人の禁断アブノーマル小説、待望の第三作目がついに登場!!
やんごとなき事情から町内会のスケベ親父たちに「飼われる」ことになった、薄幸の微乳美少女。彼女はどんな体験を噛み締めなければならなかったのか――。羞恥の鉄人・小林電人と気鋭のイラストレーター・浦野つかさが満を持して放つ官能ロリータ・ファンタジー!
 | 
「町内会で飼われる少女」【17】

「ふふふ、可愛い窄まりがようく見えるよ。ここから、あんな汚いものが出たなんて、信じられないねぇ」

橋崎が愛美の真後ろから覗きこんで言う。脚を大きく広げた形でうつ伏せに拘束されているため、小さく華奢な愛美の尻肉は、その谷間の窄まりを隠す役目を全く果たしていなかった。しかし橋崎は双丘をさらに両手で押し開いた。

「あ、いやっ」

死んだようにぐったりと突っ伏していた愛美も、思わず声を上げた。尻肉が広げられると、皺が伸びきってしまうほどに菊花も広がる。そしてその下の肉の亀裂まで、口を開いてしまう。愛美の恥ずかしい二つの穴が、老人の目の前でその内側までさらけ出されてしまったのだ。

愛美の窄まりは浣腸、そして排泄という行為のためにふっくらと充血していた。

「橋崎先生、どうぞ」

北村が白い小瓶を橋崎に差し出す。橋崎は、その中から半透明のクリームを指先ですくい上げた。

「痛くないようにしてあげるからね」

そう言って橋崎は、たっぷりのクリームにまみれた人差し指の先を愛美の窄まりへと触れさせた。

「あ、あんっ」

敏感になっている菊花を触られて、愛美は小さく呻く。橋崎は構わずに指先を沈める。すでに何度も指を挿入されているが、そのおぞましい感触には慣れることが出来ない。

橋崎の指はゆっくりと沈みこんでいく。反射的に締め付けて侵入を防ごうとするが、それは無駄な抵抗だ。むしろ、相手を喜ばすだけだった。

「ふふふ、すごい締め付けだ。指が食いちぎられそうだ」

橋崎は嬉しそうに笑いながら、さらに指を押し進めていく。

馬形の台の背にうつ伏せで拘束され、橋崎に肛門を嬲られている愛美を取り囲むように眺めていた他の男たちも、やがて手を伸ばし始める。台に押しつけられて、ほとんど平たくなっている可憐な乳房や、滑らかな背中、そして広げられた双丘へと男たちの指が這いまわる。乱暴に掴みかかる者はおらず、誰もが壊れ物を扱うかのように、そっと少女の肌を愛撫していく。

「んんっ、だめぇ......」

全身に虫が這い回っているような、ムズ痒さが、やがて少しずつ快感へと変わっていく。そして、橋崎が指を突き立てている窄まりの周囲にも男たちの指が近づいていく。尻肉の膨らみや腿の付け根や内股など敏感な部分を狙って何本もの指が這いまわる。そして性器そのものには、あえて触れない。その周囲のギリギリまでを愛撫していくのだ。

「あ、ああっ、んんっ......」

愛美の漏らす声が次第に熱いものへと変わっていく。自然に腰が切なげに動く。口を開いた肉裂の内側が、湿り気を帯びて濡れ光る。男たちはその変化に気づき、ニヤニヤと笑う。

「おやおや、なんだか悩ましげにお尻を振り始めたぞ。愛美ちゃんはお尻の穴を弄られて、感じちゃったのかな」
「ち、違いますっ」

愛美は否定したが、さっきまでとは違う感覚が自分の肛門に訪れていることは、わかっていた。延々と焦らされるような全身への愛撫を受けている中で、唯一はっきりとした刺激は橋崎の指なのだ。身体が自然とその刺激を求めてしまっている。

もっと奥まで指を入れて欲しい、もっと激しく中をかき回して欲しい......。そんな欲望が沸き上がってくる。

しかし、橋崎は突然指を抜いてしまった。

「えっ?」

思わず声が出る。

「どうした? なんだかがっかりしたみたいな声を出して。いやだったんだろう? 早く抜いてもらいたかったんだろう?」

愛美は顔を赤らめた。確かにその時、指を抜かれた時に残念に思っていた。しかし、自分でもそんな感情を認めたくはなかった。

「ち、違います。もう、そんなところをいじめるのは、止めて下さい!」
「いいんだよ、いいんだよ。わかってるよ。愛美ちゃんはお尻の穴が感じるいやらしい女の子なんだからね。だってほら、こんなに」

橋崎は内腿を左右に思い切り引っ張った。するとつられるように肉裂が、ぱっくりと口を開く。

「あ、いやっ」

鮮やかなピンク色の肉壁が露になる。そしてそこは大量の愛液で濡れ光っていた。開いた瞬間に、とろりと愛液がこぼれ落ちたほどだ。

「こんなに濡らしちゃって、感じてないわけがないだろう?」
「そ、それは......、身体をみんなに触られているから、です」

肛門で感じていると認めるより、身体中を触られて感じてしまったと言うほうが、まだましだった。自分がそんなところで感じてしまうとは、絶対に認めたくなかったのだ。

「ふふふ、まぁ、いいよ。これからゆっくりと確かめてあげるからね」
「ねぇ、先生。今度は私にもさせてくれませんか?」

女将はそう言いながら手に持っていた棒状の器具を愛美に見せつけた。

「次はこれを入れてあげるわ」
「ひっ、何? そんなこと、やめて下さいっ」

それは、ゼリーのようなカラフルな半透明の材質で出来たスティックだった。小さなボールを串刺しにしたかのようなデコボコがついている。そして先端から根本にかけて、そのデコボコが大きくなっていく。

「これで愛美ちゃんのお尻の穴を、どんどん拡げていってあげるわ。そうしたら、男の人のおちんちんだって入るようになるわ」
「いやっ! やめて、やめて、お願いやめて!」

愛美は狂ったように尻を振って逃げようとするが、周りから男たちがガッシリと押さえつけてしまう。

「さぁ、力を抜いてね」

女将は、アナルスティックの先端をむき出しにされた愛美の窄まりへとあてがう。

「ああっ、いやっ、そんなもの、入れちゃいやっ!」

たっぷりの潤滑剤をまぶされたその先端は、窄まりを押し開いて内側へと沈んでいく。スルリと最初の突起部が挿入された。

「ひとつ目が入ったわ。じゃあ、次ね」
「ああ、やめて......」

女将はさらにスティックを押し込む。ふたつ目の突起はひとつ目よりも少し大きいが、これもあっさりと入ってしまう。それでも直径が1センチほどのパチンコ玉くらいの大きさだから、入るのも当然ではある。

しかし3個目、4個目と突起は次第に大きくなっていく。直径が2センチを超えると、なかなか入らなくなってくる。

女将は無理矢理挿入することはせず、ゆっくりゆっくりと突起を押し込む。すると抵抗をしていた窄まりも、じわじわと口を開いて突起を飲み込む。突起の一番大きくなっている部分が入る瞬間、窄まりがグイっと口を開くのがエロティックでたまらない。その度に周囲で見つめている男たちが歓声をあげる。

「い、いやぁ......。もう、止めて、下さい」

突起が大きくなるにつれ、愛美の声も苦しげになっていく。

6個目の突起を完全に沈み込ませると、女将はアナルスティックをゆっくりと引っ張った。

「ああっ、だめ、そんな......」

窄まりは再び口を開き、突起を吐き出していく。その感覚はまるで排泄をしている時のようで、恥ずかしく、おぞましい。

「あ、あ、ああ......」

女将は先端の1個分を残して引き出したかと思うと、再び入れ始める。そうやって、ゆっくりと何個もの突起を出し入れした。

突起が出入りする度に、窄まりが大きく広げられ、そして何とも言えない感覚に襲われる。愛美は苦しげに喘ぐばかりだった。

その様を見つめる男たちは、目を離せない。可憐な少女の恥ずかしい窄まりが、ボール状の突起を飲み込んだり吐き出したりして、その度に大きく広がるのだ。そのあまりの生々しさに、息を飲む。まるでその部分だけが、別の生き物のようだ。

「ああっ、ああっ、あああっ」

愛美の喘ぎ声は次第に熱を帯びてくる。明らかに苦痛だけの呻きだけではない。

「さぁ、お兄さん方も見とれてばかりいないで、愛美ちゃんを気持ちよくしてあげて」

女将に言われて、男たちは我に返ったように愛美の全身愛撫を再開する。

「あんっ、だめ、あっ、ああっ」

男の指が触れる度にビクンと身体が反応する。そして何十本と指が同時に全身を這いまわるのだ。愛美はもう喘ぎっぱなしになっている。愛液も垂れ流し状態だ。

「もっと太いのでも大丈夫みたいね」

女将はアナルスティックをさらに太いものへと変えた。さすがに最初は少し抵抗があったものの、それでも愛美の窄まりは、その一番太い突起までも飲み込むようになっていた。それは直径が4センチほどもあるのだ。

「うわぁ......。愛美ちゃんのお尻の穴が、こんなに開いて......」

タカハシ文具店の若主人・武史が口をぽかんと開けて、その部分を見つめている。とても信じられないような光景だった。

「ふふふ、これだけ開けば、もう大丈夫かもしれないわね」

女将が腕組みしながら見ていた北村に目配せした。北村は頷く。

「それじゃあ、まずは町会長の私から、いかせてもらおうかな」
「おや、それは町会長権限かい?」

橋崎が茶々を入れる。

「まぁ、最初は慣れてる人がやらないといけませんからね」

愛美を陥れるというこの計画を立てたのは北村なのだ。彼が初物をいただくことに異を唱える者はいない。

「さぁ、これが愛美ちゃんの身体に初めて入る男のモノなんだよ。よく見てごらん」

浴衣をはだけて、恥ずかしげもなく下半身をむき出しにした北村は、すでに勃起している肉棒を愛美に見せつけた。

快感の波に翻弄されて、半ば意識を失っている愛美は、ぼんやりした目でそれを見ていた。北村の言っている意味もよくわかっていないようだ。

「さぁ、お口でご挨拶してごらん」

北村が肉棒を口元に突きつけると、愛美はゆっくりと舐め始めた。ついさっきまで、何人もの男たちにフェラチオの奉仕をさせられていたため、反射的に口が動いた。

ピンク色の舌がチロチロと北村の肉棒の先端を舐め回す。

「おお、上手だよ、愛美ちゃん。ふふふ、後ろに入れる時は、しっかりと硬くしておかないと上手くいかないからね」

しばらく舐めさせた後、北村は満足した顔で、広げられた愛美の下半身のほうへと移動する。先端に潤滑剤を塗る。

「いよいよ町内のアイドルも、バージンを失っちゃうのか」
「いや、でも前のほうはまだ処女なんだろ? ケツをやられても、処女は処女なんじゃないのか?」
「ははは、確かに。でも、前が処女なのに、先にアナルをやられちゃうってのは、余計にエロい感じがするよな」
「さぁ、北村さん、じらさないでやっちゃってくれよ。早くおれにも順番を回してくれよ」

男たちが注目する中で、北村は年齢の割には勢いのある肉棒の先端を、広げられた双丘の中央へあてがう。両手で愛美の尻をしっかりと掴む。ゆっくり、ゆっくりと力を入れる。先端が、窄まりを割りさく。

「ひっ、いやっ、ああっ、止めて!」

挿入される苦痛に意識が戻ったようだ。愛美が悲鳴を上げた。

「ははは、おとなしくしなさい。今から愛美ちゃんはお尻の処女を失うんだからね」

肉の凶器は、もう止まらない。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版」発売!!


『1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版』

監督: 小林電人
発売: 2012年10月30日
定価: 3990円(税込)
品番: MDJY-005
販売元: MARRION

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


関連記事

禁断ハード・ブリーディング・ノベル 赤い首輪
第一章 教え子・まる
第二章 若妻・麻美
第三章 アイドル・さやか
第四章 女教師・美沙子
第五章 公務奴隷・真紀
第六章 外交奴隷・アイリ
第七章 肛虐奴隷・穂奈美
第八章 体育教師・けい子
第九章 潜入捜査官・エリカ
第十章 特殊奴隷・晶
第十一章 学級奴隷・真弓
第十二章 指導者・レイヤ
第十三章 女上司・麻奈美
番外編 愛子の公開羞恥刑
第十四章 収容所長の密かな愉しみ
第十五章 奴隷の王

kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 |