ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人の禁断アブノーマル小説、待望の第三作目がついに登場!!
やんごとなき事情から町内会のスケベ親父たちに「飼われる」ことになった、薄幸の微乳美少女。彼女はどんな体験を噛み締めなければならなかったのか――。羞恥の鉄人・小林電人と気鋭のイラストレーター・浦野つかさが満を持して放つ官能ロリータ・ファンタジー!
 | 
「町内会で飼われる少女」【12】

いつの間に眠ってしまっていたのか。意識がぼんやりと戻ってくる。とてつもなく卑猥な淫夢を見ていたような気がする。

しかし、まぶたを開け、意識がはっきりしていくにつれ、愛美はその淫夢が現実であることを思い知らされる。

目の前には、涎をたらさんばかりに好色な笑みを浮かべた男たちの顔がずらりと並んでいた。そして愛美は自分のとらされているポーズのおぞましさに気づいて、悲鳴を上げた。

「い、いやぁ。どうして、こんな格好!」

右手首と右足首、左手首と左手首がそれぞれ縛り付けられ、天井から高く吊られている。そして左右に開ききった股間は、前へと突き出されている。愛美は全裸だった。つまり何もかもが丸出しという恥ずかしい姿を取らされていたのだ。

股間を隠そうにもしっかりと縄で縛り上げられた手足は全く動かない。鉄パイプとクッションで構成された台の上で、愛美は晒し物になっていた。

そもそも、ここはどこなのか。愛美の記憶が蘇ってくる。確か、真魚荘の男風呂に入らされ、同じくらいの年の少年に向けて恥ずかしい部分を晒された恥ずかしさで、気を失ってしまったはずだ......。

「やっと気がついたのね、愛美ちゃん」

ハッと声がするほうを振り向くと、そこには黒いエナメルのボンデージルックに身を包んだ女性がいた。あまりにイメージが変わっているので一瞬気づかなかったが、それは東桜館の女将だった。SMの女王様そのものの格好をしている。その手にはガラスで出来た器具を持っている。

「ああっ、女将さん。お願い、縄をほどいて下さい。こんな格好いやです!」

愛美は女将に哀願するが聞いてもらえるはずもない。開ききった愛美の股間の真ん中の特等席にいた橋崎が、満面の笑みで言う。

「ひひひ、すごいね。愛美ちゃん。お尻の穴まで丸見えになってるよ。ピンク色で、可愛らしい窄まりだねぇ。とてもここから汚いものが出てくるとは信じられないよ」

橋崎の言う通りに、股を左右に広げられて腰を突き出したこの姿勢だと、肉裂どころか、その下の密やかな窄まりまでもが、露になってしまっている。愛美のそれは、確かに排泄器官とは思えないほどに可憐だった。色素沈着は全くなく、皺も少なめで、慎ましやかな佇まいを見せている。愛美が悲鳴を上げる度に、窄まりがヒク、ヒクと蠢いた。

「いやぁ! そ、そんなところ見ないで下さい。だめぇ!」
「そんなこと言ったって、こんなにおっぴろげてるんだから、どうしたって丸見えだよ。愛美ちゃんのおまんこは、さっきずいぶん見せてもらったから、今度はこっちの穴をよく見せてもらおうかな」
「いや、いや、お願い。見ないでぇ」

排泄器官としか考えたことのない部分を、そんないやらしい目で見られることに、愛美は激しく羞恥した。しかも、20人以上の顔見知りの男たちの視線がその一点に集中しているのだ。無駄とわかっていても、愛美は拘束された不自由な身体を必死によじって、少しでも視線から逃れようとする。

「橋崎先生、私にも愛美ちゃんのお尻の穴、よく見せてちょうだい」

そう言って、女将は橋崎の隣にしゃがみこむと、愛美の開ききった股間に顔を近づける。息がかかるほどの至近距離で女将にもっと恥ずかしい部分を見られる恥ずかしさに、愛美は切なげに喘ぐ。

「ああ、見ないでぇ」
「ふふふ、愛美ちゃんのここ、本当に綺麗で可愛いわ。いっぱいいじめてあげたくなっちゃうわね」

その瞬間、愛美は身体を激しくのけぞらせて悲鳴を上げた。

「ひぃっ、いやっ! そんなところ、触らないでぇ!」

女将が指先で、チョンと愛美の窄まりを突いたのだ。

「とっても敏感なのね。でも、愛美ちゃんのここ、もっと中まで入れて欲しそうよ」
「いやです。そこは触らないで。そこは汚いところです!」

そんな愛美の反応を楽しむように、女将は窄まりの中心に指を触れさせたり、その周囲を這い回らせたりした。

「やめてぇ......。そこは、そこは止めて下さい。そこは、恥ずかしい......」

愛美の肌が羞恥のために真っ赤に染まる。性器を丸出しにされた時でも、ここまで恥ずかしがらなかったのに。愛美にとって、自分の身体の中で一番、恥ずかしく汚れた部分だと思っているのが、その部分なのだ。

すると、愛美の顔を覗きこむようにして、北村が言った。

「愛美ちゃん、お尻の穴を触られるくらいで、そんな悲鳴を上げてたら、これからのことに耐えられないよ」
「えっ?」

愛美は驚いたように北村の顔を見る。

「愛美ちゃんは、これからそのお尻の穴に、ここにいるみんなのおちんちんを入れられるんだからね」
「そ、そんなことはしないって、約束したじゃないですか!」
「そうだよ、ちゃんと承諾書に書いてあったよね」

北村は、浴衣の懐に入れてあった承諾書を取り出し、読み上げた。


私、伊藤愛美はこの旅行の間、処女を奪わないでくれるならば、他にはどんなことをされても構いません。

もし、約束を守らなかった場合は、父・広志の借金を全て一括でお支払いすることを約束します。

注・この場合の処女を奪うとは、性器にペニス、あるいは異物を挿入して処女膜を破くことを指します。

また体に傷をつけることは禁じます。


「ね、おまんこにおちんちんを入れることはしないと約束したけれど、お尻の穴に入れないとは書いていないだろ?」
「そ、そんなの、おかしいです!」

愛美は必死に抵抗する。肛門でセックスするなど、愛美の発想の中には全くなかったのだ。そんなことを考えたこともない。だいたいそんなところに、ペニスが入るはずがないではないか。

「おかしいと言ったって、これも約束だからねぇ。承諾書に書いてある通りに従えば、こっちのほうが正しいと思うよ」
「だって、そんなの、絶対に、無理です......」

愛美は恐怖のあまりに、言葉が上手く出てこない。

追い打ちをかけるように女将が手に持ったガラス器具を愛美に見せつけて、言う。

「大丈夫よ。最初にこれで愛美ちゃんに浣腸してお腹の中をすっきりさせておいてあげるから。それから少しづつ道具を使って、拡張していけば、ちゃんとおちんぽだって入るようになるわ。まぁ、二十人分ともなれば、かなりキツイでしょうけどね、うふふ」
「そうだよ、浣腸して、みんなの前でうんちを出してもらおうかな」
「そんなバカなことは止めて下さい!」

愛美は泣きながら唯一自由になる首を振った。この男女は、なんと恐ろしいことを言うのだろうか。本気でそんなことをするつもりだとは、信じられない。

「そうよ。さすがに大広間でうんちを出してもらうわけにはいかないから、この地下室に来てもらったんだから。いいでしょ、ここ」

女将は少し自慢気だ。

「ここは、この旅館の秘密のプレイルームなの。防音設備もばっちりだし、道具も器具も揃ってるわ」
「ふふふ、私たちマニアの間では、SMパーティが出来る宿として、有名なんだよ、この東桜館は。何しろ、女将自身が真性のマニアだからね」
「あ、ああ......」

愛美はもうパニック状態だった。浣腸され、みんなの見ている前で排泄させられ、その後は全員に肛門を犯される。そんなことを宣言されて、まともでいられるわけがない。

「いやっ、いやっ、そんなのいやです! お願い許して下さい! 他のことなら、他のことなら何でもします!」

北村は心の底から楽しそうな表情になる。こうやって女の子を精神的に追い詰めていくのが何よりも好きなサディストなのだ。

「何でもするって言っても、愛美ちゃんは処女は守りたいんだろ? 我々も、朝から愛美ちゃんにエッチな姿を見せられてたから、もう我慢できなくなっているんだよ。愛美ちゃんだって知っているだろ? 男性は勃起したら、射精しないとすっきりしないんだってこと」
「で、でも......」

愛美が好きで恥ずかしい姿を見せていたわけではない。悔しさにグッと唇を噛む。しかし、このままでは本当に肛門を犯されてしまう。それを回避するには......。

「さぁ、それじゃあ、まずは浣腸の用意だ。お腹の中を綺麗にしないといけないからね。愛美ちゃんのお尻の穴の中に、たっぷりのグリセリン液を入れてあげようね」
「ま、待って下さい!」

愛美は叫ぶ。北村はおや、と言う顔で愛美を見た。

「なんだい? 愛美ちゃん」
「あの、......それでしたら......」
「どうしたの? 何か言いたいことがあるのかしら?」
「あの、みなさんの、あの......」
「何が言いたいのかわからんが、もう私たちのチンポは爆発しそうに溜まってるんだよ。一秒でも早く愛美ちゃんのお尻の穴の中にぶち込みたいんだ」

北村が言うと、男たちが一斉に「そうだ、そうだ」と声を上げる。愛美は恐怖に身をすくめる。早く言わないと、本当に肛門を犯されてしまう。しかし、それは愛美にとって、あまりにも恥ずかしい提案なのだ。

「ごめんなさい。ですから、私が、あの、お、お口で......」
「ん? 口がどうしたんだ?」

愛美の顔が真っ赤になる。今までも、ずいぶん恥ずかしいことを口にさせられてきたが、自分で考えたことを言うのは、抵抗がある。しかし、言わねばならない。

「あの、お口でさせて下さい。それで、許して下さい」
「口で何をするというんだい?」
「あの、その、すっきりして欲しいんです」

愛美を取り囲んでいる男たちはその言葉にニヤニヤと笑みを浮かべるが、北村はわざとらしく考え込むような表情になる。

「ほう。すっきりさせてくれるのか。しかし、どうやって? 愛美ちゃんのお口で、どうやればすっきりできるのかな?」
「ああ......。舐めさせて、舐めさせて下さい」
「何を舐めるのか、言わないとわからないな」

北村は容赦なく愛美を追い詰める。楽しくて仕方がない。

「お、おちんちん、です」
「誰が何をどうするのか、ちゃんと言うんだ」
「愛美に、みなさまのおちんちんを舐めさせて下さい。それですっきりして下さい。だから、お尻は、お尻は許して下さいっ」

やけくそのように愛美は叫んだ。その言葉を聞いて、男たちはドッと笑う。

「そうか、愛美ちゃんはおじさんたちのおちんちんを全部舐めてくれるというのか。しかし、愛美ちゃんはフェラチオなんかしたことがないだろう。いきなり二十人以上のおちんちんを舐めてイカせることなんか出来るのかな。お尻に入れさせたほうが楽なんじゃないかな」
「い、いや、お尻はいやです。がんばります。がんばりますから」
「そんなにおじさんたちのおちんちんが舐めたいのかい?」
「はい......」

すると女将は愛美の手足を拘束していた縄を解いた。華奢な手首と足首には、しっかりと縄目が残っていて、いかにも痛々しい。

そして愛美は床に正座させられた。

「さぁ、それではみんなにお願いするんだ」

愛美は深く土下座する。額を床にこすりつけながら、屈辱的な言葉を口にした。

「どうか愛美に、おじさま方のおちんちんを舐めさせて下さい」

(続く)

小林電人、AV作品最新作「1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版」発売!!


『1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版』

監督: 小林電人
発売: 2012年10月30日
定価: 3990円(税込)
品番: MDJY-005
販売元: MARRION

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


関連記事

禁断ハード・ブリーディング・ノベル 赤い首輪
第一章 教え子・まる
第二章 若妻・麻美
第三章 アイドル・さやか
第四章 女教師・美沙子
第五章 公務奴隷・真紀
第六章 外交奴隷・アイリ
第七章 肛虐奴隷・穂奈美
第八章 体育教師・けい子
第九章 潜入捜査官・エリカ
第十章 特殊奴隷・晶
第十一章 学級奴隷・真弓
第十二章 指導者・レイヤ
第十三章 女上司・麻奈美
番外編 愛子の公開羞恥刑
第十四章 収容所長の密かな愉しみ
第十五章 奴隷の王

kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 |