本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人の禁断アブノーマル小説、待望の第三作目がついに登場!!
やんごとなき事情から町内会のスケベ親父たちに「飼われる」ことになった、薄幸の微乳美少女。彼女はどんな体験を噛み締めなければならなかったのか――。羞恥の鉄人・小林電人と気鋭のイラストレーター・浦野つかさが満を持して放つ官能ロリータ・ファンタジー!
 | 
「町内会で飼われる少女」【15】

舌を動かそうにも、下腹部の重たい痺れが気になって集中できない。そしてそれはどんどん激しくなっていくのだ。

「ほら、お口がお留守だぞ。それじゃあ、いつまでたってもイケないぞ」

保行は愛美の頭を掴んで、強引に前後させた。

「ん、んぐぅ」

愛美は苦しげな声を漏らす。保行の肉棒が喉の奥まで突き刺さり、まともに息もできない。そして下腹部を襲う便意は、ますます大きくなる。必死に力を入れていないと、漏れてしまいそうなのだ。

苦しげな美少女の表情を見て、保行のサディスティックな官能が刺激される。

「歯を立てるなよ。立てたらひどい目に遭うぞ」

そう言いながら、さらに激しく愛美の頭を前後させる。そして保行の興奮が頂点に達した。勢いよく白濁液が噴出し、愛美の喉の奥まで注ぎこまれた。

ようやく肉棒が口から抜かれると、愛美は激しくむせた。顔は涙と汗と唾液、そして保行の精液でぐしゃぐしゃになっている。

「ほら、拭きなさい。可愛い顔が台無しよ」

女将が苦しげに咳き込む愛美にタオルを手渡した。

「すいません......」

愛美は受け取ったタオルで顔を拭う。

「5分かかったわね。じゃあ、あと5分で5人イカさなくちゃいけないわね」
「ああ、もう許して下さい。そんなの無理です」
「出来なかったら、また浣腸よ。ふふふ、愛美ちゃんは、どれくらい我慢できるのかしら」
「あ、ああ......」

もう便意は限界に近づいていた。一瞬でも気を緩めたら、崩壊してしまう。そんな状態で、5分以内に5人の男性をフェラチオで射精させるなど、絶対に不可能だ。

しかし、男たちは容赦しない。突っ伏した愛美の顔を無理矢理持ち上げた斉藤理容店の主人、斉藤が剥き出しの肉棒を目の前に突きつけた。

「ほら、今度はおじさんの番だよ。もう待ち切れなくなってるよ」

斉藤が言うように、その肉棒は白髪まじりの中年男性とは思えないほどに逞しくいきり立っていた。その先端には先走りの透明の液まで滲んでいる。

「おじさんは、前から愛美ちゃんが可愛いと思っていてねぇ、ふふふ。こんなことが出来る日が来るとは思ってもみなかったよ」

斉藤理容店は、愛美の父である広志が通っていた店だった。愛美も小学校低学年までは、この斉藤に髪を切ってもらっていたのだ。

「愛美ちゃんも大きくなって、うちで髪を切らなくなっちゃって、寂しかったよ。街で見かけると、すごく綺麗に成長していてねぇ」

目を伏せたままの愛美の胸に斉藤は手を伸ばし、乳首を指で摘んだ。

「あっ」
「ここはあんまり成長してないんだねぇ。ふふふ。でも、これはこれで可愛いよ、愛美ちゃん」

斉藤の指は淡い桃色の可憐な乳首を刺激した。

「あん、おじさん、だめ......」

強烈な快感に愛美は甘い声を漏らしてしまう。異常な状況の中で乳首は敏感になっていた。しかし、その快感に身を委ねているわけにはいかない。一秒でも早く、斉藤を射精させなければならないのだ。もう便意は限界に来ている。

「それより、おじさん、早く、舐めさせて下さい」
「おや、そんなにおじさんのチンポが舐めたいのかい? エッチな子だねぇ」
「ああ、早く、もう、我慢できないんです......」
「そうかそうか。我慢できないほどチンポが舐めたくてしょうがないのか。それじゃあ、ちゃんとお願いしないとな」

便意に耐え切れなくなっている愛美には、斉藤の命令に従うしかなかった。言われるがままに恥ずかしいおねだりを乞う。

「愛美はおチンポが大好きな淫乱女です。どうか、おじさまの大きなおチンポをしゃぶらせて下さい」

そう言って、頭を床にこすり付けて土下座した。人一倍羞恥心の強い17歳の少女にはあまりにも屈辱的な行為だった。しかし、愛美はそんな恥ずかしいことをしてでも、一刻も早く便意から逃れたかったのだ。

「ふふふ、可愛い愛美ちゃんにそこまで頼まれたらしょうがないね。ほうら、おじさんのチンポをたっぷりとしゃぶっておくれ」
「は、はい。ありがとうございます」

愛美は突き出された斉藤の醜悪な肉棒にむしゃぶりついた。何もしらない人が見れば、本当にこの少女がフェラチオをしたくてしょうがないと思ったに違いない。

愛美は勢いよく斉藤のペニスを口に出し入れし、舌をからめた。もう9人の男性を口でイカせているのだ。自らが望んでのことではないが、愛美にもある程度のコツはわかってきている。

「おお、こりゃすごいな。気持ちいいいよ、愛美ちゃん。ううむ......」

亀頭を舐め回しながら、指で玉袋の表面を撫でるように刺激する。もうそんなテクニックまで覚えさせられてしまっていた。

「おお、こりゃたまらん。いくぞ。ちゃんと飲み込むんだぞ」

斉藤は愛美の頭をがっちりと押さえつけ、そうして口の中へと思い切り射精した。びっくりするほど大量の白濁液が愛美の喉の奥にまで迸る。射精に至った瞬間、愛美は不思議な満足感を味わっていた。そして、その生臭く不快な液体を、何の躊躇もなく飲み込んでいた。

「さぁ、これで10人か。がんばってるな、愛美ちゃん」

北村が汗と唾液と精液まみれになっている愛美の顔を覗きこむ。

「は、はい......。うっ」

返事をした途端に、愛美はお腹を押さえてしゃがみこんだ。小さく、白い背中がブルブル震えている。苦しげに呻く。

「ああ、お願い。もう、本当にだめなんです。トイレに、おトイレにいかせて下さい」

女将が愛美の横にしゃがみ込み、冷ややかな笑顔で話しかけた。

「だって、まだ10人しか終わってないじゃない。しかも残念ながらもう時間切れよ。追加の浣腸液を入れさせてもらう約束よ」
「ひっ、そんな! もう、これ以上は無理です。もう、もういじめないで下さい」

すでに便意は限界なのに、さらに浣腸しようというのだ。容赦のない女将の恐ろしさに、愛美は震え上がる。目の前が真っ暗になる。

「そうねぇ、どうしようかしら。確かにこんなに可愛らしい女の子をこれ以上いじめるのは可哀想よね」
「ああ、お願い。もう、トイレに、行かせて......」

愛美は必死に哀願する。もう一分と耐えられそうにないのだ。

「ここで粗相されて汚されても困るし、トイレに行かせてあげようかしら」
「ああ、お願いしますっ」

愛美は許しを得たと思い、パッと顔を明るくする。ようやくトイレに行くことが出来るのだ。

「じゃあ、トイレに連れて行ってあげるから、立ちなさい」
「は、はい......」

すでに立ち上がることも難しいほどだったが、それでも愛美は必死に立ち上がる。足がガクガクと震えている。それでも、咄嗟に胸と股間を手で隠す少女の羞恥心が、男たちの欲望をさらに燃え上がらせる。

「あらあら、今更隠しても無駄でしょう。もう、愛美ちゃんの身体の隅々まで、みんなじっくりと見たんだから」

女将はそう言いながら、愛美の両腕を掴んで背中に回した。

「あっ」

その細い手首に腕枷を巻きつけ、右手と左手を背後でつないでしまった。これでもう愛美は恥ずかしいところを隠すことも出来ない。愛美は思わずへっぴり腰になり、少しでも身体を縮めようとする。

「どうしてこんなことをするんですか。はやく、おトイレに連れて行って......」
「だって、もうトイレには間に合わないんじゃないの?」
「ああ、意地悪しないで下さい。早く、トイレに......」
「だからあなた用のトイレはここに用意してあるわ。ほら」

女将が合図をすると、武史が奇妙な形をした台を部屋の隅から中央へと運んできた。透明の樹脂で作られた一メートルほどの高さの台が二つ並んだ形状で、一番上の段に行くための階段もつけられている。そして二つの台の間には、大きなブリキのバケツが置かれていた。

「?」

愛美はその奇妙な台が一体なんの用途のために作られたものか理解できなかった。

「これが愛美ちゃんのトイレよ」

言われて、愛美はようやく全てを理解した。

「ひっ! いやです。普通のトイレに行かせて下さいっ!」

そんな愛美を楽しそうに眺めながら、女将はこの特製トイレの使い方について、説明し始める。

「まず、この階段で上に登るでしょう? そうしたら、左右の台に足をかけてしゃがむの。後は思う存分出せばいいわ。足も左右に開いているし、高さもあるから、愛美ちゃんの恥ずかしいところは、みんなに丸見えになるってわけよ。恥ずかしい物をひり出す姿も、ぜーんぶ丸見えよ。いいでしょう?」

愛美はショックのあまり声も出ない。目を大きく見開いたまま、黙っている。しかし、間もなく再び襲ってきた便意に、思わずしゃがみこんだ。

「ああ......。お願いします。普通の、普通のトイレに......」
「だめよ。あなたのトイレはこれだけ。いやなら、そこでずっと我慢していればいいわ。でも、もし漏らすようなことがあったら、あなたの舌で綺麗に掃除してもらいますからね」
「ああ......」

愛美は絶望の声を上げる。この女たちは、自分の最も惨めな姿を見るつもりなのだ。女性として、いや人間として決して他人には見せてはいけない姿を......。

お腹が破裂してしまうまで耐え、いっそ死んでしまおうか。そんなことまで考えてしまう。しかし、強烈な便意が現実に引き戻す。もし、こんなところで耐え切れずに漏らしてしまったら、この女将は本当に舐めて掃除させようとするだろう。

もう、愛美に選択の余地はなかった。悲しい決断をする。

「わかりました。この、トイレで、し、します......」

「あらあら、本当にいいの? このトイレでするってことは、愛美ちゃんがうんちをする恥ずかしい姿を、ここにいるみんなに見られちゃうってことよ」
「......はい」
「みんなに見られながら、うんちがしたいってことなのね」
「それは......」
「ちゃんとそう言わなくちゃ、ここでさせてあげるわけにはいかないわ。ちゃんとお願いしなさい」
「ああ、みなさんに見られながら、したい、です」
「それじゃあ、よくわからないわ。もっとちゃんとお願いしないと」

女将は何度も愛美にその恥ずかしいお願いを言い直させた。便意の限界に耐えかねた愛美は命じられるがままに、その恥ずかしすぎる言葉を口にする。

「伊藤愛美は、恥ずかしい姿を見られるのが大好きな変態です。これからみなさんの前で、うんちをしますので、お尻の穴から出てくるところまで、じっくりと見て下さいね。思い切り足をおっぴろげて、踏ん張りますので、全部よく見えると思います。臭くて、見苦しいかと思いますが、どうか許して下さい」

半泣きになりながら何度もつっかえて、そんな口上をようやくいい終えた愛美は、透明の台の前に立ち、よろよろと登り始めた。

それはまるで死刑台に登っていく囚人のようだった。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版」発売!!


『1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版』

監督: 小林電人
発売: 2012年10月30日
定価: 3990円(税込)
品番: MDJY-005
販売元: MARRION

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


関連記事

禁断ハード・ブリーディング・ノベル 赤い首輪
第一章 教え子・まる
第二章 若妻・麻美
第三章 アイドル・さやか
第四章 女教師・美沙子
第五章 公務奴隷・真紀
第六章 外交奴隷・アイリ
第七章 肛虐奴隷・穂奈美
第八章 体育教師・けい子
第九章 潜入捜査官・エリカ
第十章 特殊奴隷・晶
第十一章 学級奴隷・真弓
第十二章 指導者・レイヤ
第十三章 女上司・麻奈美
番外編 愛子の公開羞恥刑
第十四章 収容所長の密かな愉しみ
第十五章 奴隷の王

kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 |